感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

30年以上前から家にある古い揺り椅子が今も変わらない形で売られていた

f:id:lifeisagas:20161116202453j:plain

うちにある古い揺り椅子はおじいちゃんおばあちゃんがずっと使っていたものだ。
かなり年季が入っている。聞いた話では最低でも30年は経っている。優しく握るだけの持ち手のすり減り具合がその年月を物語っている。もしかしたらひいおばあちゃんもこの椅子に揺られていたのかもしれない。
少し木組みが外れかかっている部分もあるがチカラで押し込んでもハマらないからそのまま使っている。

これってどこのメーカー何だろう?
裏側にキツツキのマークと、「HSK」というマークがあった。

 

HSK キツツキのマークの揺り椅子

「HSK ロッキンチェア」でググって見ると一つの日本のメーカーが目に止まった。キツツキのマークの商品があるらしい。これだ!そのブランドは飛騨産業だった。

f:id:lifeisagas:20161111141626j:plain
ロッキングチェア<WINDSOR<製品情報 | 飛騨産業株式会社公式サイト

WINDSOR(ウィンザー?でいいのかな)のロッキングチェアー。まさにこれそのもの。

飛騨産業株式会社について読んでみるとかなり歴史がある会社だ。会社は大正時代からある。
飛騨の匠という家具職人の歴史は非常に古く、少なくとも1300年前からあったそうだ。すごい。

飛騨の匠の歴史と文化 | 飛騨産業株式会社公式サイト

商品もなかなかに高級だ。何より昔と全く変わらない姿形で売られているのが驚異的である。

揺り椅子をもう一台買おうとは思っていないから調べるのはここで終わりにした。もしも壊れたらまたこのサイトを開き新品を、、、と思ったら家具の修繕までやっている。アフターケアもぬかりなし。30年ものの揺り椅子の修理も出来るのかな。壊れたら修理をお願いしようかな。

少し話は変わるけど、さっきNHKのガッテンという番組で、座ったばかりでいると寿命が縮むような話をやっていた。耳の中の耳石(じせき)を物理的に動かすと改善できるから30分に1回立ち上がるだけで良いと言っていたが、頭の位置を動かすことで改善するなら揺り椅子で揺られることもかなりいい気がする。