感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

トイレタンク内の水漏れ対処。タンクの中身を自分で全交換する方法とかかった費用【DIY】

最初に言ってしまいますが、費用は、約3500円でした
業者を呼ぶこともなくできましたので工賃0円。意外に苦戦した部分もありましたが、自分でやったほうが遥かに安いです。
しかも、ほとんどのタンクの中身は自分で交換できることがわかりました。
一度覚えてしまえば、もう何かが起こっても怖くなくなるという最高のメリット付き。

では、交換することになった経緯と、交換方法について。

※あんまり綺麗じゃない画像も出てくるので、興味がない人は見ないほうがいいです。

交換することになったきっかけ。トイレタンク内からピチャピチャと断続的に音がする

水を流し終わってしばらくしたトイレタンクの中から、チャピッ チャピッ ととめどなく音がする。
妖怪のしわざか?と思いました。
確認のため、タンクを開けてみると、中で水がすこしずつ漏れている模様。
どこかにネジがあるのかと思って触ってみるが、ネジのない部分から漏れている。ああ、これはまずいぞ。交換かな?

f:id:mikanumay:20170620110913j:plain:w600
[画像1]

f:id:mikanumay:20170620110922j:plain:w600
[画像2]

画像2は、画像1のタンクのパーツを取り外した後の写真です。画像2の金具の部分から水が漏れていた。締めて止まる構造ではないので、水漏れを止められない。

業者さんを呼ぶとかなり高く付きそう。なんとか自分でできれば良いのだが。
そう思って、TOTOのトイレタンクの中身をショッピングサイトで検索してみると、普通に交換パーツが売っているのを発見。
え、自分で交換できるの?思っても見なかったよ。レビューを参考にすると、みなさん簡単に交換できている人も多い模様。

よし、やってみよう。

タンクの中身交換を自分でする際に準備したもの

うちのタンクの中身は、ボールタップとフロートバルブの2つだけでした。この2つを交換します。

交換作業で絶対必要なものと道具は、

  1. タンクの水を調整して流すパーツ(水栓ボールタップ)

  2. タンク内の栓のパーツ(フロートバルブ)

  3. スパナ(レンチ)

  4. マイナスドライバー

あったほうがいいのは、

  1. ビニール手袋(手が真っ黒く汚れる)

  2. たらい(タンク内器具を取り外した後置く)

  3. 雑巾(下が濡れる)

  4. 水受け用のタッパー(置かないと濡れる)

  5. カビキラー(タンク内とタンクカバー掃除)

ボールタップとフロートバルブ以外は全て百均で揃うと思います。

三栄水栓のロータンクボールタップですが、交換可能な対応機種が多すぎてびびりました。

【TOTO】
密結タンク:S790B系、S791B系、S770B系、S771B系、S710系、S721系、S730系、S731系、SS430B系、SS431B系、S561系、S517系、S518系。
隅付タンク:S536B系、S570系、S670系。
平付タンク:S513B系。
【Panasonic】
密結タンク:CH4100系、CH4101系、CH4110系、CH4111系、CH4200系、CH4201系、CH2300系、CH2301系。
【INAX(LIXIL)】
隅付タンク:DT-570系、DT-573系、T-576系、DT-870系。
平付タンク:(D)T-520系、DT-523系、T-526系、T-527系、(D)T-820系。
密結タンク:DC-3880系、DC-4580系、DC-4880系。

これ当てはまらないほうがレアなのでは?と思うくらいです。うちはTOTOのS721B(S721系)だったので、当然OK。
既存の黒いフロートバルブは、まだ使えそうだったけど、触ると墨汁なみに真っ黒い液体がつくので、劣化していると判断してこれもついでに交換することに。

f:id:mikanumay:20170620114227j:plain:w600
[画像3]

水の元栓を締める。元栓の場所をチェックしておく

作業を始める前に、水の元栓の場所を知っておくことが大事だ。
普通はタンクの脇にある画像3のネジをマイナスドライバーで回せば止まる。

f:id:mikanumay:20170620112122j:plain:w400
[画像4]

家全ての水を止める場合の元栓は、屋外にある。

f:id:mikanumay:20170620112223j:plain:w600
[画像5]

大本の元栓さえ知っておけば、怖くない。トイレのタンク作業だけなら、トイレの元栓だけ締めればできる。

では、作業開始。

トイレタンクの中身を交換する手順

1.水洗トイレの元栓を締める

タンクの左脇にあるネジを、マイナスドライバーで締めます。(画像1の部分。)そんなに力入れなくても大丈夫です。半周も回さないで閉まります。
締めたら、一度水洗トイレのレバーを引いて水を流してみます。水が流れなかったら成功です。次へ。

2.タンク上部を取り外す

うちのタンクの場合、上に乗っているタンクカバー兼水洗ノーズの部分は、太いナットで止まっているだけなので、少し持ち上げながら、手でナットを回して外してから少し引っ張るだけで外れました。

3.タンク上部を風呂場に持っていき、カビキラーで洗う

多分裏側がものすごく汚くなっていると思うので、洗います。内側は全てカビなので、カビキラーで非常にきれいになります。
蛇口部分が折れないように、そっと裏返して、カビキラーします。汚い面にティッシュを貼り付けて、そこにカビキラーをかけると、カビキラーが流れていかないので、効果が高まります(しかし、後で溶けたティッシュを掃除することになります)。

4.タンク内部の中身(ボールタップとフロートバルブ)を取り外す

いよいよ外します。とはいっても、ストレーナーという、タンクとボールタップを繋いでいる部品(下記画像6)をスパナで外すだけです。外す前に、管に溜まっている水が下に落ちるのを防ぐため、タッパーなどを下に置いておくほうがいいです。
注意点は、ストレーナーのナットを外す際に、パッキンが落ちると思いますので、それを無くさないようにします(後で使うかも)。1枚ではなく数枚ある場合もあります。

f:id:mikanumay:20170620115932j:plain:w400
[画像6]

フロートバルブ(黒い栓)は、レバーとチェーンでつながっているので、これも外します(下記画像7)。バルブの方は左右に引っ張ると外れます。この作業はビニール手袋をした方がいいです。ものすごく手が黒くなります。

f:id:mikanumay:20170620120529j:plain:w400
[画像7]

f:id:mikanumay:20170620120807j:plain:w400
[画像8]

5.タンク内の掃除。カビキラーする。

せっかくなので、タンク内の掃除をします。内側の材質に、発泡スチロールっぽい素材がついているので、カビキラーしたら溶けるかなと思いましたが、大丈夫でした。汚れのほぼ全てはカビだったので、かなりきれいになりました。

f:id:mikanumay:20170620121048j:plain:w600
[画像9]

6.新しいフロートバルブを取り付け

元通りにする感じで、取り付けました。ボールチェーンは、4玉分ぐらいたるませると丁度いいという説明がありました。
f:id:mikanumay:20170620121543j:plain:w400
[画像10]

7.ボールタップの取り付け

いよいよ新しいボールタップの取り付け。ワクワクします。タンクのタイプによって、ホースの位置を替えたりする必要がありますが、説明書に全部書いてありますし、元にあったパーツと照らし合わせてもいいので、そのとおりにしました。

f:id:mikanumay:20170620121809j:plain:w600
[画像11]

浮きのボールの角度によって、タンクの水量を調節できるのですが、一番少ない角度にしても少し水量が多いかなと感じました。水を入れたペットボトルを入れるなどすると、水量をさらに調節できます。

8.あとは元通りにすればいいのだが、水漏れした

あとは元通りにして、元栓を戻せば終わり、のはずだったんですが、ストレーナーとボールタップの金具をつなぐのがうまく行かず、元栓を開放すると水漏れしてまたやり直し、を繰り返しました。
原因は、元にあったパッキンが一つ地面に落ちていたのに気づかなくて、それ無しでつなごうとしていたので、長さが足りなかった模様。
パッキンを見つけて解決しました。元にあった金属製のナットにするか、付属の樹脂製のナットにするか悩みましたが、とりあえず樹脂製の方でやってみます。元のパーツもジップロックに入れて保管しようと思います。

Before
f:id:mikanumay:20170620115932j:plain:w400
[画像6]

After
f:id:mikanumay:20170620122359j:plain:w400
[画像12]

タンク内交換の作業時間と、感想

作業時間は、1時間ぐらいでしょうか。トラブルがなければ30分ぐらいでできたかもしれない。
時間はかかったけど、やって良かったです。自分の家の、トイレの水のトラブルを自分で解決できるんだとわかると、安心にもつながります。もうトイレタンクは未知の領域でなくなりました。一度チャレンジしてみたほうが良いと思います。