感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

今までの基本無料課金ガチャの国産ソシャゲと、ソロゲーのアナザーエデンを比較して思うこと

 

(この記事でいうソシャゲとは、ネット上の人と協力したり対戦したり競ったりチャットしたりするソーシャルゲームのことです。
この記事は課金ガチャゲーをおすすめするものではありません。)

アナザーエデン 時空を超える猫

アナザーエデン 時空を超える猫

  • Wright Flyer Studios
  • ゲーム
  • 無料

今までの基本無料課金ガチャ型スマホゲームについて

僕は今までたくさんのスマホのソシャゲをプレイしてきたが、どれも続かなかった。

有名ARPGのソシャゲーが出る!やった!→最後まで行かず引退
大好きなRPGのソシャゲが出るだと!?やるぜ!→途中で見切りをつけて引退
その他にも、数えてないがたぶん100種類ぐらいはプレイしてきた。
どれもインストールしてしばらく遊んでアンイストールを繰り返してきた。

リリース前はあんなにワクワクして期待していたのに、どうしてこんなにつまらなく感じてしまうのだろう。どうしてファンタジーの世界なのに窮屈な世界に感じてしまうのだろう。どうして続けることが辛くなってしまうのだろう。どうして引退するときはありがとうという気持ちよりも不愉快な気持ちになってしまうのだろう。

がっかりする理由は、どのゲームもメインコンテンツが「課金ガチャ」だったからである

「強くなること」がゲームの楽しみの中でも大きな項目の一つだが、僕が今までやった国産ソシャゲというソシャゲのほとんどは、「強さをお金で買うシステム」なのである。
「強くなること」という最大の楽しみが、課金ガチャというギャンブルで制限されてしまっているのである。しかも、課金すればただ強くなれるいうわけではなく、1回3000円かかるギャンブルを繰り返さないと目指す強さになれないことは少なくない。夢と希望の世界の冒険であるはずのゲームが、夢も希望もない現実のリアルマネーの額と結びつけられているのである。

僕はいくつものソシャゲをプレイして、やっとわかってきたのが、ゲームの楽しさと、課金ガチャのようなギャンブルの楽しさは別のものということだ。きっと賢い人は最初から気づいていて手を出さないのだろう。僕はなかなか気付けなかった。
この認識が甘いと、ゲームが面白いと思っていたらいつの間にかガチャというギャンブルに取り憑かれていることも少なくない。ゲームは全然プレイしてないけどログインボーナスでガチャを回すのだけが楽しみ、みたいな状態もまさにそれだ。そうなったら僕はアプリを消す。
ゲームが面白いのか、それとも課金ガチャというギャンブルが面白いのかを分けて考える必要があるのだ
僕はゲームが好きな人間でいたいとおもうが、パチンコ屋に朝から並んでいる人や競馬場や競輪場にギャンブル目的で行く人はなりたくない。ギャンブルにはまりすぎている人を客観的に見て、そうなりたくないのである。

そして今までの多くの国産スマホゲーム(特にRPG系)は、ゲームの内容よりもガチャの方が面白い場合が多かった。ガチャで強いキャラを運良く引かなければ面白くなく、強いキャラが出たら出たで、もうゲームをクリアしたような気持ちになってしまうのだ。なぜならガチャが強さに直結しているから面白さの大半のウェートを占めてしまい、他の部分がうすっぺらいゲームに見えるから。数千円課金して、強いキャラをゲットした後すぐに面白くないことに気づいて消すような失敗をしたことは何度かある。

最近出たアナザーエデンは、そういった意味で一味違った。
これはベストではないけど、今までのゲームと比べてかなりいいかもしれないと思った。
では、アナザーエデンは何が良かったのだろうか?
アナザーエデンは、ソシャゲではない。ソロゲーだ。他の人と絡む余地はない。依然として課金ガチャも存在する。
しかしこのソロゲーをプレイしていくうちに、他のソシャゲの悪いところが浮き彫りになってきた。
他のソシャゲと何が違うから面白いのだろうか?
あえてソシャゲとソロゲーを比較することで、ソシャゲがつまらない原因と理由、アナザーエデンが面白い理由ががいくつか思い浮かんだ。

アナザーエデンと今までのソシャゲの違うところ

完全ソロゲーである

アナザーエデンはソシャゲではなく、最初から最後まで一人でやるゲームだ。
それが昔懐かしいRPG感を出している。そもそもRPGはぼっちに向いてるゲームなのだ。
これで良かったのだ。よけいなソーシャル機能はいらないのだ。

不毛な対人戦がない

ガチャゲーと最悪な組み合わせなのが、人対人の対人ゲームである。ガチャが強さのほとんど全てになっているゲームの場合、その勝敗は当然ながら課金額で決まる。お金で強さが買えるゲームだと気づいているのか、気付かないのかはわからないが、客観的に見て石油王が優勝するのは目に見えている。石油王同士の戦いは、一般人から見ると異次元の戦いに見えるのが魅力なのかもしれない。そして戦いの果てに得られる上位入賞のアイテムは、それが必要になるくらい弱い人には手に入らないという非情な世界であることが多い。
対人戦が面白くないと言っているのではない。もちろん、技や知恵を絞って将棋のように戦略的に対戦する将棋のようなゲームならば対人戦は面白い。その面白くなる条件は、両者がスタート地点で同じカード(キャラや武器)を持っているか、違うカードを持っていても対等な条件であることだ。差が出るのは、実力のみであることが理想だ。対等な条件からお互いが違う選択をするから面白いのである。ガチャが強さに直結してしまうゲームは、実力での戦いにはならないので不毛だ。強いもの同士ならおもしろくなることもあるが、対等に戦えるスタート地点が遠くに設定されいるから、そこに行くまでに大金がかかり、そこにようやく並べたと思ったら、アップデートがあり次のスタート地点がまた遠くに設定される。このいたちごっこが永遠と続くから、僕は面白いと思えない。例外として、一部のPCのFPSゲームのようにテクニック次第で課金装備を打ち砕く下剋上ができるゲームはそれはそれで面白いが、そういったスマホソシャゲーは僕は知らない(そもそもFPSゲームはスマホやタブレットだときつい)。ガチャが強さに直結して影響してしまうゲームでの対人戦は不毛である。
そして、アナザーエデンには対人戦はない。

人同士で競い合うランキング機能がない

あるクイズのソシャゲーが出て、リリースされた当初は、クイズゲーだ!嬉しい!と思った。ずっとやれるかもと思ったが、人を競わせるトーナメントがあり、これが課金額とプレイ時間に比例するような意味不明なランキングだと気づいて、そのゲームは1ヶ月でやめた。その後ゲーム自体は大きなゲームになったから、それでもいいと思う人がたくさんいたのだろう。僕は大嫌いになってしまった。
ランキングやトーナメントで最も良いのは、「テクニックや知識などの真の実力でランキングがつくこと」なのだが、そういったソシャゲが全然現れないことは、強さが過金額と比例している事実を表している。もしもテクニックや技術のみを駆使するゲームが盛り上がってランキング上位になったのなら、プレイヤーは賞賛されるべきである。そのゲームも素晴らしいと言える。そういったゲームがスマホゲーのメインになる時代がきたときに初めてe-sports界隈も盛り上がっていくだろう。
僕はまだそういったスマホゲームが見つけられないので、アナザーエデンのようにひとりで黙々とやる方がメンタルにも良い。それかnew3DSやPS4のようなコンシューマーゲーム買うかPCゲーをやったほうが内容の濃さと充実感のが明らかに上なので幸せになれる。金額的にも青天井なソシャゲと違い1万円も出せば収まる。

無駄なマラソンイベントがない

ソシャゲにたまに実装される、24時間寝ずに走り続けた方が勝ち、というような意味不明なイベントがある。苦痛以外のなにものでもない。
札束ブーストでも勝てるが、無職でも上位に行くことができる。このどちらで勝ったとしても僕は嬉しくもなんともないし、やりたくない。
ドラクエ10のようにいろんな場所でレベル上げできるとか、風景だけでも楽しめるとか、そういう楽しみならまた違ってくるが、そういうソシャゲを僕は知らない。 アナザーエデンにはマラソンイベントはない(しかし、クラスチェンジ用のつまらない周回素材集めはある)。

フレンドがいないと不利になることがない

一部ソシャゲは、フレンドと協力することで、得られるアイテムが増えたり、ブーストアイテムを人数分使えるなど有利な状況がある。
しかし、ぼっちにはこれが辛い。一人ぼっちでも楽しめるゲームはソシャゲには少ない。ひとりぼっちをさらに殴りにくるゲームも割とある。結果、現実でもゲーム内でもぼっちは不利になり泣くしかない。
アナザーエデンはぼっちでもいい。

2重ガチャ、ミックスガチャがない

キャラをガチャで手に入れる、そしてさらに武器もガチャで手に入れる。この2重のガチャがあるゲームは最悪だ。ゲームの楽しさよりも、ガチャを当てることがゲームの目的になってしまっている人だけが喜ぶシステムだ。キャラガチャだけでも苦痛なので二重苦なのだ。
そして同じくらいひどいパターンとして、キャラと武器が混ざっている、もしくは武器の部位が混ざっているようなガチャがあり、またこれか、という残念な気持ちにさせる。もう運営の意図が見え見えで本当にうんざりする。しかしこれにはユーザーも気付いている人が多いので、有名タイトルでもない限り、リリースしてすぐ過疎化するパターンが結構ある。
アナザーエデンはキャラガチャしかないので、かなりマシな世界と言える。

極端に強くなる限界突破がない

過去にコンプガチャと呼ばれる問題があった。二つ以上のキャラやアイテムを手に入れると、さらに強いアイテムが手に入ったり、新たなイベントが発生するというもの。これはただでさえ確率が低いキャラを二つ揃えないといけないので、確率が恐ろしく低くなる。いくらかけてもなかなかお目当てのアイテムが揃わない状態であるが、プレイしている以上は射幸心が煽られ続け、全然当たらないのに散財し続ける人達が後を絶たなかったため、問題視され、法律の景品表示法違反が適応された。
コンプガチャ問題後、それが規制されているとわかっているのに、ギリギリの似たようなことを実装してリリースしたゲームが、ユーザーに叩かれてその機能を撤回したりするような攻防も見たことがある。
コンプガチャがパッと見よりも異常に低い確率なのに見た目よりも手に入りそうな気がして射幸心を煽るから問題になったんだけど、同じくらいの残酷なシステムとして「限界突破」がある。
限界突破も数種類あるが、希少レアな同キャラを重ねるとかなり強くなる、というシステムがあるゲームは大金が必要だとすぐにわかるので、僕はまたこれかと思ってやめる。
アナザーエデンも重ねたキャラは少しづつ強くなるが、強さが跳ね上がるほど強くならないのが救いだ。ここに金を掛けようとは思わない。(ただしラスボスを倒すことが目的ではなく、誰よりも強い最強を目指してしまうタイプの人にはアナザーエデンのシステムも納得がいかないだろう。)
僕はまだクリアまでいってないけど、キャラを重ねる必要性が出てくるなら、やめる。

アナザーエデンのだめなところ

アナザーエデンは遊びやすいゲームであるが、ダメなところももちろんある。
強さに直結する課金ガチャが存在すること自体ダメだ。強さ=課金額という図式はここにも残っている。途中までに星4ヒーラーを運良く引けないときついかもしれない。ガチャの出方次第で引退してしまう人も依然としているだろう。最強を突き詰めるような楽しみ方をするなら大金が必要だ。このゲームは、他の重課金型ゲームと比較すると遊びやすいということはあるが、僕は他の人の薦めることはしない。
利用規約を見たら、配信もだめっぽい記述があった。アリならTwitchとかで流せるのに、もったいない。
マップがかなり簡易だから、あまり奥は深くない。クエストに関わるモブキャラに同じ顔が多すぎる。でも音楽は良く、効果的な流れ方もする。ガリアードが登場する時の音楽はかっこいい。お使いクエストはだるいけど、結構ほろりとくるようないい話があったりする。でもファミ通のクエストはダメ。ファミ通自体は嫌いじゃないけどファンタジー世界に現実を入れてこないでほしい。

そんなわけで、アナザーエデンは過去のソシャゲやソロゲーなどと比較すると、ストレスも少なく気軽に遊びやすいゲームだと感じた。
まだ13章で、星5のキャラを持っていないから今後詰まる可能性もあるし(というか13章ボスでつまり気味)、ちょっと飽きてきているけど、星4だけでも最後までクリアできるなら悪くない。ある程度運があれば、ガチャではなくストーリーの方に集中して楽しめるゲームと言える。RPGゲームとして大事だったのは、ガチャよりもストーリーに集中できることだったのだ。

あとがき

ここまで思ったことを一通り書きましたが、記事が長くなってしまい、自分の文章能力ではまとまりがつかなくなったのでここで終わります。言っていることがあまり整理されていないかもしれません。
課金ガチャについては、どのゲームかは聞いてないけど身近な人で生活費をガチャに突っ込んでしまう事例を聞いたこともあるし、僕はなんらかの法的な規制が必要だと思います。パズドラがブレイクしたころに課金ガチャの法整備がされていれば、今とはまた違うソシャゲ世界が展開されていたのかな、と思います。書いていて気付いたけど、僕は結局のところ、課金ガチャの星5という概念自体にうんざりしているようです。ゲームを始めた後、星いくつという概念があるとがっかりします。
ゲームが好きだけど課金ガチャばかりのソシャゲに納得がいかない一人のゲーマーとして、思ったことを書いてみました。今後はガチャに頼らない面白いスマホゲームがもっと出てくることを望んでいます。

アナザーエデン 時空を超える猫

アナザーエデン 時空を超える猫

  • Wright Flyer Studios
  • ゲーム
  • 無料

関連リンク:

ギャンブルとは (ギャンブルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

射幸心 - Wikipedia

コンプリートガチャ - Wikipedia


追記:2017/05/27
16章で飽きてアンインストールしました。最後の10連ガチャでいいのが出なかったことで諦めました。レベル上げがきつかったです。