感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

Sony MDR-EX450APレビュー。3000円台で買えるリモコンマイク付きイヤフォンの中で一番良い音だ

PS4とiPhoneとAndroidで使えるマイク付きイヤフォン(Bluetoothなし)を3000円以内で買いたい思って探しにいった

イヤフォンが欲しいなぁ。Bluetoothのヘッドフォンは持っていて、配線がないのはとてもいいんだけど、電池の心配だったり充電が面倒だったりする。たまにはアナログイヤフォンのスタイルもいいなと思って、家電屋さんへ行った。
種類が意外と多くて、20種類ぐらい全部聴き比べた。

低価格帯で最もバランスがよかったマイク付きイヤフォンが、Sony MDR-EX450EPだった

もちろん、1万円ぐらいするイヤフォンなら音がいいのは当たり前なんだろうけど、今回はある程度価格を絞って、雑に使っても後悔しないものを選ぶことにした。価格は3000円ぐらいで。
イヤフォンを聴き比べてみると、特性の違いが極端で面白い。妙にシャカシャカ音で高音が出るのがあって、これは通話にはいいけど音楽はだめだなと思ったり、異常なほど低音を強調していて、高音を犠牲にしまくったモコモコな音のイヤフォンもあって、これは一体誰用なのだろうと思った。
その中で、最後まで二択に残ったのは、どっちもソニー製品だった。別にSonyが特別好きなわけではなく、いいものが好きなだけなんだけど、最終的にSonyだった。でも3000円以内で探してたのに、結局4000円くらいのを試してこれいいなと思っているという、よくあるパターン。ゼンハイザーのも気になったけど、マイク付きはちょっと高めだったので今回はスルーで。

Sony MDR-EX450APのレビュー

Sony MDR-EX450APは、音質的にはやや高音寄りの特性で、高い音が綺麗に出ていた。それに加えて低音の音圧もそこそこ迫力があって、ベース音もちゃんと聴き取れる。ひどく高音寄りであるイヤフォンの場合、ベース音が出てなくて聞き取りにくい場合も多いんだけど、このMDR-EX450APはわりと聴きやすい。
耳の部分がカナル式なので、周りの音は聞こえにくくなる。ランニングとかアウトドアで車に跳ねられる危険があるような場所で音楽を聞くときはオープンイヤー型で周りの環境音が聞こえるタイプの方がいいが、カナル式は家でのパソコンやゲームなど、音楽に集中したい環境に向いている。軽い耳栓のような効果もあるので、電車でもいいかもしれない(最近電車に乗ってないからなんともいえないけど。電車の音は思った以上に大きいものなので、お金がゆるすならノイズキャンセリング機能付きが最良。)

MDR-EX450EPのマイクとリモコンをiPhone/iPad/Android/PS4全てで試した結果

マイクとともにリモコンもついているが、MDR-EX450APのボタンは一つだけだ。昔のソニーのテープレコーダーで、ボタン一個だけで早送り巻き戻しが出来るものを思い出した。1回タップすると、再生・停止、2回で曲送り、3回で前の曲(もしくは頭出し)が出来る。Androidならこの2回プッシュを音量調整に変えることも専用「スマートキー」アプリを使えば出来る。
スマートキー - Google Play の Android アプリ

iOSでもキー変更をできるかと思っていたんだけど、スマートキーアプリが見つからないからできないようだ。
Android端末(Moto G4 Plus)で使用しているとき、今再生しているSpotifyの曲送りをしたいのに、ボタンを押すとGoogle Play Musicが立ち上がってしまう現象がある。リモコンの割り当てアプリを設定で変更できるか探したけど、僕は見つけることができなかったので、リモコンはないと同じだった。
PS4で使うときも注意が必要で、純正のマイク付き片耳イヤフォンは、マイク音のオンオフを切り替えるスライドスイッチがあるのだが、これは付いてない。再生・停止のボタン操作で、スライドスイッチの変わりになるかもしれないと淡い希望を持って使ってみたが、実際は音声垂れ流しになる。音声チャットが必要なゲーム(オーバーウォッチなど)で、たまに音声をずっと垂れ流しにしているのに全く喋らず生活音だけ流す人がいて、「何がしたいんだこの人は」と思ったりしていたのだけど、きっと純正マイクイヤフォンでなく、マイク付きイヤフォンを差していたのだな、と納得した。でもPS4側のソフト内の音声設定で、マイク音量を0にすればいいんだけどね。それには気づいてないんだろう。

耳の形が左右で違う人にもはめやすいイヤフォンだと思う

Appleの純正イヤフォンは万人向けに作られていない。耳の形が柔道などで変わっている人のことを無視している。僕も左右で耳の形が違うから、Apple純正イヤフォンは片耳だけ痛くなってしまう。Bluetoothで話題になったAirpodは僕から見るとゴミだ。Apple純正イヤフォンがはまらない人の場合は、カナル型がしっくりくるかもしれない。僕はしっくりくる。丸いゴムを耳穴に差し込むタイプなら、痛くならない。このMDR-EX450APは僕の耳に合った。ゴムもいくつか替えのサイズが付属しているので合うのを探せる。

その他MDR-EX450APの良かったところ

コードが、強そうである。コードの周りがらせん状の皮膜で覆われているデザインで、引っ張ったくらいでは切れなそう。コードが余ったとき、軽く巻きつけておく付属品が地味に良かった。いつも巻きつけて使っている。

というわけで、音もいいし、低価格帯でどのイヤフォンを買おうか迷っているなら、2017年はこのイヤフォンがおすすめです。
f:id:mikanumay:20170505103814j:plain:w600

ちなみに、Amazonだと4000円超えてますが、ビックカメラで3600円ぐらいで売ってました。(2017/05/05)