感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

冬の部屋の湿度を2%上げるために霧吹きを吹きまくる人

冬の暖房がついた部屋は喉がカラッカラになる。
加湿器やアロマディフューザーでもやればいいんだけど、水を入れるのがめんどくさかったりする。布団に潜り込んだあとで水がないことに気づくともう動きたくない。

そんなとき、僕を救うアイテムが霧吹き。水を入れて部屋に置いてある。

f:id:mikanumay:20180107075509j:plain:w400

百円均一で買ってきたやつ。これをあたり一面に吹きまくる。20回以上プッシュすると周りが濡れてくるが、朝までには余裕で乾くのでムキになって吹きまくる。
本気で湿度を上げたいなら50回から100回はプッシュするつもりで、そこら中に水滴が付くぐらいやらないと効果が出ない。レバーを引く指が疲れるので、湿度を上げるというよりは握力トレーニングがメインであると言って良い。

現在、湿度は49%。

f:id:mikanumay:20180107075543j:plain:w400

湿度計にほこりがついているのは気のせい。

この部屋に霧吹きを吹きまくった2分後。

f:id:mikanumay:20180107075626j:plain:w400

湿度が2%ぐらい上昇した。成し遂げたぞ。なお湿度計の周りに重点的に霧吹きすると5%ぐらい上がる不正ができる模様。

寝る前にやるなら、まわりを相当びしょびしょにしないと効果は長くは続かないだろう。そこまではしない。気持ち潤った感じがするからこれでいいや。本気で上げたいならディフューザーに水補充するし。濡れバスタオルを下げるのも効果あるが手が濡れるのがやだよね。このまま寝てしまおう。

そして早朝、喉がカラカラになって起きた。