感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

洗面所の蛇口を自分で交換したときの費用とやり方(DIY)。古いツーホール混合水栓をシングルレバーに変えたら快適になった

f:id:mikanumay:20171015182228j:plain:w500

洗面所の蛇口から水が止まらなくなってしまった。20年ほど使った古いタイプの蛇口なので、この機会に今出ている使いやすいものに取り替えてみようと思った。

お湯と水、2つの蛇口があるこのタイプの蛇口の名称は、「ツーホール混合水栓」と言う。新しい家の洗面所だと、この昔からある蛇口は見かけることもなくなり、今はどこもレバーで水量と温度を調節出来るように進化しているので、ウチもレバータイプにするぞ!

洗面所の蛇口を自分で交換したときの費用は?

最初に総額だけ言ってしまいますが結局2万円ぐらいかかりました。しかしこのほとんどは蛇口の金額(1万7千円ぐらい)によるものです。ピンキリで有名メーカーも無名メーカーもネット上にはあり、3000円ぐらいのもので問題なく使えるのを見つければそれで済む。
工具は超頑張れば専用工具なしでもできますが、あった方が回すのが圧倒的に楽なので、2500円ぐらいです。工具についても後述します。

洗面所の蛇口交換。準備編

ツーホール混合栓蛇口の外し方を知る

混合水栓にはお湯と水を供給する2本の管(給湯パイプと給水パイプ)が蛇口の下から繋がれていて、ナット(テーパーリングナット)で固定されている。そして洗面台と蛇口も、ナット(六角ナット)で固定されている。
この2×2の4箇所あるナットを外せば交換が出来る。一見簡単そうだがそうでもない。

f:id:mikanumay:20171022183357j:plain:w400
 ↑形状はこのような形。(TOTO TLHG30DQER説明書より)

やや手間取りそうな理由は、流しの下の空間がかなり狭いことと、長年回してないナットは固着して回すのが難しい場合があること。
実際に手を伸ばしてみると、予想通り非常に硬くなっている上に、流し台の下の排水ホースもかなり邪魔になり、レンチを回転させるスペースもあまりない。ホースを一度外してしまう手もあるが、ホース交換はまた別の機会にやりたいと思っているから今回は外したくない。
これを解決するには、やはり専用工具が必要だと思ったので、数年に1度しか使わない可能性もあるが、別途用意した。混合水栓用の締付け金具だ。TOTOとLIXILどちらかで迷ったが、TOTOの方が2種類のサイズに対応と書いてあったのでこちらにした。予めこのナット締付け金具だけを購入。

f:id:mikanumay:20171015181653j:plain:w400f:id:mikanumay:20171015181713j:plain:w400
締付部分が上下で幅が変化しており、2種類のナットに対応できる形状

f:id:mikanumay:20171111050751j:plain:w400
23mmと24mmに対応。金具の台紙より。

蛇口の下にある洗面台に開けられた穴の位置を確認

蛇口の下の、洗面器の穴も確認しておく。汎用性のある穴の開け方がされていると思うが、念のため止水栓を締めて一度外してみることにした。

f:id:mikanumay:20171015185157j:plain:w400
洗面器下の止水栓。

もしも止水栓が硬くて、マイナスドライバーではうまく回らない場合は、こういう専用工具もある。

f:id:mikanumay:20171015141335j:plain:w400

www.kanmika.com

ナット締付工具で管と蛇口をつなぐ硬いナットを外して蛇口を持ち上げると、洗面台に開けられた穴が初めて見えた。

f:id:mikanumay:20171015182601j:plain:w400

穴が3つあった。穴が面白い顔に見える。それはどうでもいいとして、穴と穴の間隔は105mmぐらい。左右にゆとりもあるので、サイズが多少前後しても付けられるだろう。お湯と水の管とつなぐ穴の他に、水の栓をポップアップするための穴も開けられていたが、ウチの栓にはついてない。新しく買う混合水栓が、この真ん中の穴を活用するかもしれないので、穴が空いていることだけ確認した。

次は蛇口選び。

新しい蛇口はどんな形にするか

ツーホール型の混合水栓は、あまり選択肢がなく、こちらもTOTOとLIXILで迷った。Amazonで安い中国製のメーカーのものは評価も低く不安がよぎる。水回りは大事なので信頼の置ける国内メーカーの部品を使うことにした。

交換するなら、今まで不便だった部分を補える蛇口にしたい。生活の中で洗面所の蛇口で使うとき、たまに困ることがあった。バケツに水を汲むのが困難なことだ。蛇口と洗面器のスペースに大きな器は入らないからだ。それは浴室のシャワーを使えば解決できるのだが、洗面所でもある程度水を汲めるようになったら嬉しい。
色々な蛇口を見ていると、TOTOの混合栓のひとつに、蛇口が回転して真上を向かせられるタイプがあったのでそれにした。本当はシャワータイプにできたら良かったんだけど、作業が増えそうだから、レバーに変わるだけでも良しとした。

意外と高い。

TOTOは公式サイトに型番を入力すると取扱説明書のPDFが見られるので、そこでも詳細サイズを確認できる。

取扱説明書 | アフターサポート | TOTO

穴と穴の幅が102ミリで、使えると判断したので買ってみた。(返品できないお店で買う場合は、管の径なども確認したほうがいいかも。)

洗面所の蛇口交換。作業編

用意したもの

  • 新しい蛇口

  • ナット締付工具

  • 止水栓ドライバー

  • 作業用ポリ手袋

  • 汚れてもいいタオル

  • 濡らした劇落ちくん

  • 濡れ雑巾

止水栓を締めてから作業する

止水栓を締めないと、水が飛び出すのでしっかり締める。締めた後、念のため蛇口を空けて水が出ないか確認。

4か所のナットを外す

ナット締付工具か、スパナで回す。回したときに管に残っている水が出るからタオルか雑巾が必要。

管と混合水栓をつなぐナットを外したあともう一度使うならそのまま管にかけておけばいい。洗面器を固定する六角ナットは新しい蛇口に付いている方を使うので、取り外した。管のほうのナットの中にあるパッキンを交換するか迷ったが、買ってないのでやめた。

f:id:mikanumay:20171015185449j:plain:w400

蛇口を外して交換する

古いのを抜いて新しいのを差すだけ。あとはナットを締めるだけ。外すのが大変なだけで、交換は簡単。
蛇口の下を掃除する機会はこのタイミングしかないので、激落ちくんで擦っておく。

f:id:mikanumay:20171022183811j:plain:w400
 ↑蛇口を抜くとこんな感じになっている

f:id:mikanumay:20171015185853j:plain:w400

ピカピカになった蛇口。TOTOの「TLHG30DQER」のレビュー

f:id:mikanumay:20171015190215j:plain:w400

完成。ピカピカで気持ちいい。
ついでに蛇口のレビューもしておこう。出てくる水がまず滑らか。気持ちいい。音も静か。レバーも使いやすい。レバー位置の真ん中から右側は全て水が出て、左側に捻ったときお湯になり、お湯側に切り替えるときはカチッと音がして抵抗があるように作られている安全設計。いい蛇口に変えただけのことはあった。蛇口を真上に回転もできた。蛇口を回転させると、小中学校の水飲み場を思い出す。
そういえば、洗面器の栓から出ているチェーンをつなぐ部分が新しい蛇口にはないようだけど、栓はほとんど使用しないから、まあいいかな。脇にでも置いておく。

f:id:mikanumay:20171022183902j:plain:w400
(説明書より)

f:id:mikanumay:20171015190356j:plain:w400

蛇口交換ができたことで水のトラブルが起きても対応できる自信がついた

水のトラブルっていうのは何か起きたら怖いなと思うけど、結構自分でどうにかできるもんだな、と思った。トイレの便座交換、トイレタンクの中身の交換、蛇口交換とこなしてきて、水回りのトラブルに対応できる自信がついてきた。やってよかったと思う。




追記:2017年10月22日

後日、邪魔になっていた排水パイプの交換をしたところ、意外と簡単に外せたので、同時にやってしまうのもアリだと思います。やり方も書いておきましたのでご一読ください。

www.kanmika.com