感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

静電気が発生しにくい服の組み合わせを考えたらアンダーウェアが綿素材の多い無印に染まった


最近、アンダーウェアが無印良品に染まりました。
理由は、素材と静電気です。
静電気は素材の組み合わせによって発生しやすかったりしにくかったりします
静電気の発生する原因は、素材が帯びる電気のプラスとマイナスが離れていると発生しやすい。

参考:

衣類の組み合わせ



重ね着をするときの静電気対策は、服の素材を同じ素材で統一した方がいい。

僕はもともと綿(コットン)素材が好き

ちなみに、僕はかなりの綿フリークです。昔から綿素材ばっかり着ています。アメカジが好きだったせいもあります。アメカジは綿素材が多いのです。
Tシャツもパーカーもネルシャツもデニムも綿。そうなってくると、全部同じ綿素材なので静電気も自然と起きにくかったわけです。よかったよかった。

冬の服を綿100パーで揃えるのは案外むずかしい

しかし。冬物は別です。
綿だけで統一するのはとても難しい。マフラーなんかはウールやアクリル素材が多いし、冬物の下着は化学繊維の品がけっこう多い。これでは静電気が起きてしまう!(別に起きたってたいしたことはないんだけど)


 

そんな中で、綿ベースの下着が多いのが、無印良品なわけです。オーガニックコットンもあるし、冬物でも80%ぐらい綿素材だったり。肌触りもいいし、やわらかロングタイツとかチクチクしなくていい感じです。
服を脱ぐときにパチパチ音がしたことは今季ほぼないです。車から降りるときとかはなぜか必ず帯電するので、これはシートのせいかも。

ってことで、最近無印が好きです。
おしまいヽ( ´¬`)ノ ワ〜イ

ついでに、オーガニックコットンとは、農薬や化学肥料を3年以上使用していない畑で育てられた綿花のことだそうです。↓

参考:無印良品のオーガニックコットン | くらしの良品研究所 | 無印良品


無印良品ネットストア