感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

札幌西山製麺の「極艶金味噌らーめん」という生ラーメンがうますぎて外食ラーメンに行くのが減った話

最近の生ラーメンがほんとにうまくて困る。いや嬉しい。でも困る。

以前ならお昼に「一風堂でもいこうかな」と思っていたタイミングでも、「今日は買っておいた生ラーメン作ろっと」となることがある。

原因は、ただ一つ。一種類異常にうまい生ラーメンがあるから。それが、札幌西山製麺(サッポロ西山ラーメン)の「極艶 金味噌らーめん」。

このレベルのラーメンが家で作れてしまうと、もう外食ラーメンはしなくてもいいや、となってしまう。
もちろんおいしいラーメン屋さんに並んでお店の雰囲気も味わいながら食べるのが一番おいしいラーメンの食べ方なんだろうけど、今日は雨だし、並ぶの嫌だし、家でこんなラーメンが作れるなら行かなくていいや、となります。

サッポロ西山ラーメンは、どこのスーパーでも売っているマルちゃんの焼きそばとは違い、売っているお店と売ってないお店があります。素材に拘っているスーパーやデパートなら置いてあるかもしれません。
Amazonでも買えるけど、調べたら送料高めでした。

これの味噌ラーメンに好きな具材を入れて食べると、かなり満足できます。スープが特においしい。

生ラーメンの簡単な作り方

せっかくなので、生ラーメンの簡単な作り方も書きます。

用意するもの

  • 電気ポット

  • フライパン2個

  • 好きな具材(冷凍でもなんでも)

  • 生めん

  • 湯切りざる

超めんどくさがりの人の場合、一番の難関は「お湯を2種類沸かさないといけない」ということ。
待ってる間が何かだるいんですよね。
麺を茹でる用と、スープ用。この2種類を用意するのが一番めんどくさい。
なので、スープの方は電気ポットで先にお湯を沸かします。金味噌なら270ccをポットで沸かす。これでスープは半分完成。スープのお湯が沸いていると、それで具材を煮たりできるので、麺をゆでる時間があっという間に終わります。

手順は、

  1. 電気ポットでスープのお湯をわかす。

  2. コンロの上にフライパンを2つ置く。

  3. フライパンAに水をはって沸かす。

  4. 空のフライパンBに具材とスープの素を全部入れておく。

  5. ポットのお湯が湧いたらフライパンBに入れて火をかけてまとめて煮る。スープの素を箸などでちゃんと溶かす。

  6. フライパンAのお湯が湧いたら麺を入れてゆでる。

  7. フライパンAの麺がゆで終わったらざるで水を切って、そのままラーメンの器に麺だけ盛っておく。

  8. 器に盛った麺の上からフライパンBの具入りスープをぶっかける。完成。

このやり方が一番楽だと思います。
先に電気ポットでスープのお湯を沸かしておくと、麺をゆでると同時に具材も茹でることできるのでタイミングがいいです。
。。。書いていてうすうす気づきましたが、電気ポットのくだりいらんかも。。。フライパン2つで両方お湯沸かせばいいのかも。。。アホかも。。。ま、いいか。
最後に全部まとめて煮たものを麺にかけることにより具材も全部上に乗っていい感じになり、スープも冷めたりしないのでそのまま一気に食えます。

というわけで、サッポロ西山ラーメン、うまいです。しょうゆ味もあってこれもうまいですが、僕は金味噌が一番好きですね。もしスーパーで見かけたら買ってみるといいと思います。

追伸:はてなスターのブログパーツを復活させました。