感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

はてなブログが楽しくなるウィジェット満載のPLAYBUZZがすごい。対話形式吹き出しやアンケートなどCSSなしで超簡単に埋め込み可能

PLAYBUZZというサービスを使ってみたらブログに埋め込めるウィジェット山盛りでびびった

今日何気なくハフィントンポストの記事を見ていたら、何やら気になる記事が。

Playbuzzが対話性満載の記事を書くための新しいエディターを披露、ハフポはユーモア要素の導入に活用 | TechCrunch Japan

なんでも、「PLAYBUZZ」というサービスを利用すると、対話形式の吹き出しが簡単に作成できるとのこと。実際に、ハフィントンポストで、トランプ大統領の会話を再現する際に使われていました。面白いなーこれ。

でも対話形式だと、ブログにCSSをつけ足したりしないといけなくて、ちょっと難しいんですよね。僕は諦めていました。

とりあえずダメ元でPLAYBUZZを使ってみたら、これが、すごかった。いろんなウィジェット(ブログパーツ)が非常に簡単に作れて、ブログに埋め込みできる! 埋め込みなので、CSSを書き足す必要もなし!

www.playbuzz.com

これは、歓喜。対話形式の楽しそうな感じの記事も書いてみたいけど、CSSが難しいから挫折した人にとって、うってつけのサービスではないでしょうか。
はてなブログにももちろん埋め込み可能。
対話形式だけでなく、アンケートや、ランキング投票形式などのウィジェットも作れる。なぜ今まで知らなかったのだろう。

機能が非常に多く心躍りますが、今回は僕が作ってみたいと思っていた、「対話形式の吹き出し」と「アンケート」の作成方法を簡単に説明します。
説明っていっても、ほんと直感的に作れてしまうから、このブログを見る必要もないくらい。

ウィジェットを作る準備

PLAYBUZZのアカウントを作成する

埋め込むにあたり、まずはPLAYBUZZの会員登録が必要です。名前、メールアドレス、パスワードを設定します。メールアドレスに認証メールが送られてくるので、メールに記載されたリンクをクリックして登録完了。

PLAYBUZZで対話形式の吹き出し会話を作成する方法

画面右上のCREATEボタンをクリックし、作りたい形式を選びます。
今回は会話形式なので、「CONVO」を選ぶ。

f:id:mikanumay:20170723125634j:plain:w400

あとはコメントを書いていくだけだったりします。

f:id:mikanumay:20170723125801j:plain

左上のカギマークが、初期設定でPublic(全員に公開)になっているので、ブログへの埋め込みなら、Direct Link Onlyでいいと思います。Publicの設定になっていると、Playbuzzのプロフィールなどから記事を見られるので、ブログの断片としての会話を作成して公開状態にしていても、見た人が意味不明になる恐れがあります。

その下の言語設定は初期設定でEnglishになっています。Pubricにせず、ブログ埋め込みするなら、Japaneseにしてもしなくてもどちらでもあまり関係ないと思います。PubricにするならJapaneseにした方が日本人の目に留まるのかも。まだ慣れてないから不明。

吹き出しのタイプも3種類から選べます。

画像の丸をクリックすれば、しゃべる人(キャラ)の画像を追加できます。吹き出しを追加するなら、画面下部のしゃべりたい方の画像にある + をクリックするだけです。

最後は右上のPublishを押せば完成。
その後、埋め込みコードをブログにコピペするので、Embedをクリック。 f:id:mikanumay:20170723131107j:plain:w500

ここで、下の4つのチェックがありますが、これらは共有設定で、ボタンが追加できたりします。僕はいらないので全部外しました。

f:id:mikanumay:20170723131220j:plain:w400

完成例

アンケート形式の埋め込みを作成する方法

アンケートを作成するにはCREATE→Pollを選びます。

f:id:mikanumay:20170723125634j:plain:w400
↑この画像の一番下のPollを選んでね

注意する点は上の吹き出し会話と同じです。
左上のカギのところからPublishをやめる。

f:id:mikanumay:20170723131452j:plain
アンケートの場合は、下部の + で選択肢を追加できます。

文章だけでなく、画像も選択肢にできます。

完成例 (実際に投票可能です)

メリットの多そうなPLAYBUZZだが、あえてデメリットも考える。

簡単に作れるのは良いことですが、考えられるデメリットも書いておきます。

  • 記事の読み込みがやや遅くなります。

  • 作成した文章自体はPLAYBUZZに保存されているので、PLAYBUZZのサービスが万が一終了したら、消えてしまうでしょう。

  • ブログ内のコンテンツではなく外部のデータを埋め込むことになるので、その部分の語句は検索には引っかからないかもしれません(検証してない)。

  • 広告ブロッカーを使って閲覧している人がブログを見ると、この埋め込み自体がまるごと消える可能性があります(μblockは消えるっぽい)。

PLAYBUZZ自体がブログも書けるサービスであり、SNSにも投稿しやすい

今回は、PLAYBUZZで作ったウィジェットをはてなブログに埋め込む形として書きましたが、CREATEのSTORYを使えば、PLAYBUZZ単体でブログも書けそうです。これも楽しそう。もしはてなブログやってなかったからこっちで書いたかもしれないな。Playbuzzでアフィリエイトができるのは調べてないので不明です。

公式Twitterもあります。
Playbuzz(@play_buzz)さん | Twitter 公式を見ると、楽しそうな記事がたくさんあります(英語ばっかりだけど)。

あとがき

そんなわけで、ちょいちょいこのブログでも使ってみようと思います。

なお、対話形式のアイコンはこちらのサイトからお借りしました。

アイコン素材ダウンロードサイト「icooon-mono」 | 商用利用可能なアイコン素材が無料(フリー)ダウンロードできるサイト | 6000個以上のアイコン素材を無料でダウンロードできるサイト ICOOON MONO