感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

ユニクロと無印から消えた綿のロングタイツ(ズボン下)を探す旅はポールスミスに行き着いた


綿のロングタイツ(ズボン下)が量販店であまり売られなくなった件

冬に必須なロングタイツ。パンツ(ズボン)の下に履くものは総称で「ズボン下」と呼ばれるようだが、今ではズボンという言葉も死語らしいのでもうなんと言うのかわからない。ステテコというとふわっとしたイメージだから僕が履いてるのとは違う。僕が愛用している体にフィットしているタイプだとロングタイツと呼べば良さそうなのでそう呼ぶことにする。ロングタイツをズボンのインナーに履かないと冬は寒くて越せないほどの必需品だ。

僕は素材は綿が好きなんだけど、ここ数年、アンダーウェアの素材が昔より全体的に化学繊維にシフトしていってる感じがする。冬は綿(コットン)ベースのインナーがあんまり売ってないのだ。
理由は化学繊維の方が安く作れるし暖かいからだと思うが、僕はお肌が弱いので肌に触れる部分はできるだけ綿にしたい。コットンにこだわっているのだ。それに化学繊維は僕が好きな綿と合わせると静電気が起きやすいので嫌いなのだ。

僕が以前ロングタイツを買っていたお店の現状を見てみる。

例えばユニクロ。

UNIQLO|ユニクロ公式オンラインストア

長袖ヒートテックシャツが化学繊維であるように、下のヒートテックタイツもまた化学繊維である。ヒートテックの素材はレーヨン、ポリエステル、ナイロンなど。綿100のタイツは売っていない。安価に大量生産してくれそうな企業の最大手であるだけに残念。個人的には価格的に高くなってもいいから綿タイツを作って欲しいところ。

ユニクロはもともと早くから下着は化繊にシフトしていた。初期の頃は綿100%製品が多かった記憶がある。今でも綿ベースの商品もスウェットやチノパンなどあるので、綿タイツの復活を密かに祈っている。ヒートテックは僕の好みには当てはまらないので今後もたぶん買わない。今季は9部袖のインナーを売っているが、900mlに減ったおいしい牛乳を連想してしまう。

次に、無印良品。

無印良品

オーガニックコットンを使っているアピールは冬服になると減り、最近のタイツは綿ベースではなくなってしまった。50%ぐらい綿が入っているタイプならあるけど、以前は90%以上綿でできたロングタイツも売っていたのでこちらも残念。確かに暖かさは化繊の勝ちなのだが、綿のタイツが今でも売っていたら履き続けたかった。もしかして僕が見つけてないだけかもしれないが、それならそれで買えるから嬉しい。


その他いろんなお店で吸湿発熱タイプと名のつくタイツもよく売っているが、化学繊維だしチクチクしたことがあったので怖くて敬遠してる(アトピーでかゆくなるのも怖いので)。

綿のロングタイツを探し続けた結果、ポールスミスに辿り着いた

綿のタイツよ、一体どこに消えてしまったのだ。。。数年前はどこにでもあったのに。これも環境に配慮した結果なのだろうか。それとも綿の価格が上がっているのだろうか。たぶん後者だろう。それなら割高でもいいからちゃんとした綿のロングタイツを探してみよう。

さまよい続けた結果、見つけました。ポールスミス(Paul Smith Underwear)のを。上のゴムの部分以外は綿100%。素晴らしい。お値段は高めだが気持ちいい。この価格が綿農家に還元されているといいな。とりあえずコットンを愛するものはこれを履かねばならない。カラーはグレイと黒があった。

f:id:mikanumay:20180105055908j:plain:w400

ポールスミスのこのタイツの名称は、「Long John」という。へえ、ロングタイツじゃないんだね。サーフィンのウェットスーツで腕だけないやつもロングジョンって言うけどそれとは違う。

ポールスミスっぽいストライプのアクセントがいい感じ。裾の形が一般的なタイツとは違って良かった。

ちなみに綿なので膝の部分は伸びます。柔らかくタイツのように履けるけど、ポリウレタンのようなストレッチ素材が何も入ってないので膝が伸びるとあまり戻らない。二日続けて履くと鳶職の服みたいになります。でも洗って乾かせばあら不思議、元のぴったりフィット状態に戻ります。

それでリンクも貼りたかったんだけど、なぜかこのロングタイツはポールスミスのサイトにも載っていなかった。僕が見つけられなかっただけかもしれないけど通販だと買えないかも。

Paul Smith ONLINE SHOP |Paul Smith(ポール・スミス)通販サイト

で、実はこの記事を書いている中で「ズボン下」というワードを知ったんですが、楽天とかでズボン下を検索すると2枚で1200円で綿100%の商品も結構あった。ホームセンターでも探せばありそう。ただし真っ白くておじいさんっぽい感じのも多いから、これを履いて気分を上げられる人はすごい。服は着ていて気分が上がる方がいいもんね。