感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

スマホタブレットのonenoteアプリは起動が遅いのがネックなのでちょっとしたメモはメール送信機能を使ってみる

f:id:mikanumay:20170809021539p:plain:w300

Onenoteが最近のアップデートでかなり使いやすくなったと思います。
横と縦のタブでわかりにくかった点を、Windowsのフォルダ詳細表示のように横の3段階層にしただけでいい感じになりました。

しかし、スマホやタブレットでちょっとしたメモを取るときは、Appleのメモ帳やGoogle Keepには適いません。 Onenoteは起動が少し遅いからです。いや、少しではなくかなり遅く感じます。開くのを待つ数秒で、やっぱいいや、となってしまいます。メモは秒でやる必要があるのです。速さが命なのです(たいしたことは書かないくせに)。

Evernoteはこのことに早くから気づいていたのかそうでなかったのかは知りませんが、即メモだけを取って送信できるようなサードパーティのアプリがたくさん出ています。「Fastever」とかEverなんとか(名前忘れた)など、たくさんあります。日記のように使えるアプリなどもあります。起動だけが超早いアプリの方を速記メモに使い、全体のメモの閲覧と管理は本家Evernoteアプリでするという役割分担ができていたわけです。

onenoteは起動が遅い上に、そういった速攻で送信する別アプリが存在しないので、onenoteだけでメモを含めたすべての文章を管理するのがだるく、素早くメモを取るなら他のアプリを起動したくなり、その結果、onenote + メモ帳 という形になっていました。しかし、これが嫌なのです。全部onenoteで一元管理したい

そして、今頃気づいたのですが、メール送信機能があったので、これを使います。

blogs.technet.microsoft.com

こちらの設定ページで送るメールアドレスを許可します。

http://www.onenote.com/emailsettings/

E-mailセッティングをしたら、あとはアドレス帳に「me@onenote.com」を登録して、送信すると、あらかじめ指定していたノートブックにノートが保存されます。
メールの件名がタイトルになります。

とりあえずこれでやってみていますが、メールを送信する際のアドレスを呼び出す作業だけがちょっと面倒くさいかな。fastonenoteみたいな別アプリが出ることを期待しています。

追記:2017年9月8日
やっぱりやめました。逆に面倒くさい。普通にアプリを起動して10秒待機しています。起動の速さは機器の性能に依存しているので、iPad Air2からiPad pro10.5に買い替えたい気もする今日この頃です。