感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

M&M'Sチョコで一番うまいのはあまり売ってないクリスピー味だと思う

M&M'S(エムアンドエムズ)のチョコレートはどこにでも持っていけるから便利だ。夏でも溶けにくいし、「お口で溶けて手で溶けない」なんて謳い文句で売られていたときもあった。カバンに一袋忍ばせておけば、いつでもチョコを食べられるという小さな幸せを持ち歩ける。

これを読んでいる方はM&M'Sというと何味を思い出すだろう?
きっとピーナッツかミルクチョコレート(プレーン)だろう。それか、アーモンドが好きな人はアーモンドというかもしれない。
しかし、違うのです!一番うまい(主観)M&M'Sはあまり売っていないのです!
それがこちら。

M&M'S クリスピー味

大事なところなので太字にしておきました。名前からしてウマい。
報告は以上です。



以上ですがもっと続けたいので続けますが、これがうまいのです(また同じこと言ってる)。ややクランキーチョコのような感じで、ピーナツほどねちっこくなく、プレーンほど単純でもなく、サクサクした噛み応えと甘みがたまりません。食べ始めてしまうと、気づいたときには一袋なくなっています。
なぜこれを日本でもっとごり押ししないのか。アメリカ人はクリスピー味を小出しにして僕らを試しているのか。答えは謎に包まれていますが、買おうと思ったらソニープラザなどで売ってます。コンビニやスーパーだとあまり見つけられないでしょう。

ちなみにもう一つさらにマイナーな味で、赤いパッケージの「ピーナツバター」というのもあります。中にピーナツバターが入っていて、初めて食べるときはピーナツバターがメインで食えるかな?と思ったけどこれもおいしくてどんどん食べてしまいます。調子に乗って食いすぎると気持ち悪くなりそうです。同じくソニプラで売っています。通販だとクリスピーはAmazonでもパントリーで売ってますが、ピーナツバターはないかも。パッケージもクリスピーまでは日本語ですが、ピーナツバターは輸入した英語表記パッケージに日本語の成分シールを貼って売られている形です。

f:id:mikanumay:20171117203132j:plain

www.m-ms.jp