感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

粉薬を飲むときにむせることが多かったが、最近むせなくなってきた

粉薬を毎日飲んでいる。一時期飲まなくなったこともあるけど、累計だと20年ぐらいは飲んでいるかな。
昔はほんとの薬で、今は漢方の粉末を飲んでいる。それで、飲むとき未だにかなりの頻度で器官に入って、むせたり、飲んだ後でのどに違和感がある状態になっていた。まるで進歩がない。

しかし最近はむせにくくなった。飲み方を工夫してみた。
粉薬をいつも通り舌の上に乗せた後、コップの水を少し口に入れ、水を飲み込まないで、口の中で粉薬を完全に湿らせてしまうのだ。少しの水を口に入れて、粉薬が水に浸かるまで5秒ぐらい待機する。イメージとしては、舌の上に置いた粉薬の小島を沈ませるイメージ。粉薬を完全に湿らせたら、物理的に飛散しないからむせなくなる。湿った頃を見計らって、コップの水で流し込む。おわり。

口の中に粉薬の味が広がってしまうだろうと思いきや、慣れるとあまりひろがらなくなる。最近は恐ろしく苦い粉薬というのが減った気がしていて、今飲んでいる粉薬もそこまでは苦くないからできるのだろう。これが昔の頓服のような、ほんの少しでも超苦いアレだったら、この方法は無理。

なお、人間のメカニズムとして何かを飲み込んだ直後は息を吐くのが普通だそうなので、飲み込み後に息を吐けば、口内で舞った粉も吐き出せるのではないかと勝手に思っている。

なお、このテクニックは、誰にもおすすめしません。僕が勝手にやっているだけです。