感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

ヨガマットはサイズが小さいので部屋一面をジョイントマットで敷き詰めたらストレッチしやすくなった話

f:id:mikanumay:20170812191551j:plain:w500

今までストレッチをするときは、くるくる巻きにしたヨガマットを広げて、その上でやっていた。でも毎回片づけるのがめんどくさかった。
最近、スポーツジムのような場所に行く機会があって、ストレッチをやるときの部屋の床を見ると、一面ジョイントマットが敷かれていた。それが非常に快適で、これは自分のうちでもできるな、と思ったのでやってみた。

ヨガマットのメリットとデメリット

ヨガマットの利点は、どこでも持ち歩ける、敷ける、簡単に片づけられる、ということ。どこの部屋でも簡単に敷けて、取り外せる。
しかし、デメリットもある。
デメリットは、運動する内容によっては幅が狭いこと、敷きっぱなしにしづらいこと、厚さが意外と薄いこと。
とくに、幅の狭さは結構困ることが合って、例えばうつぶせで内転筋をストレッチしようと思ったら、必ずはみ出る。
2枚敷けば解決するが、どうせなら部屋ごとマットを敷くことにした。

ジョイントマットのメリットとデメリット

ジョイントマットを部屋に敷き詰めることで、非常に快適になった。
メリットは、厚さがぶ厚いので、どんな体制でも全く肘、膝が痛くなくなった。どの向き、でも体操ができる。防音効果もあるとのこと。
じゅうたんをやめてジョイントマットにしたので、ハウスダウストアレルギーの僕にとって、健康面でも良い環境になった。

デメリットは、設置してから数日は少し臭かった。換気が必要。それと、僕のホームセンターで買ってきたジョイントマットは、表面にシリコンが塗装してあり、これが靴下につくと、ジョイントマットから廊下へ移動した際などに、滑る。かなり。注意書きにも書いてあったが、これは結構あぶないかも。まあ最初だけだと思うからいいかな。
あと、敷いてない部分と敷いている部分の段差ができる。1cmとか、2cmとかできるので、敷居まで全面敷けばコケることはないけど、部屋の一角だけに敷く場合は注意が必要。

ジョイントマットの掃除

ジョイントマットのつなぎ目は、ほこりがたまりやすいので、掃除が必要。それに、髪の毛などが1本でも落ちていると、ジョイントマットの色によるけど、非常に目立つので、意外とこまめに掃除するようになるかも。よごれが目立つ。
ずっと敷いた状態にしていると、床にくっつくことがあると注意書きにあるので、ときどき持ち上げてみた方がよさそう。

ジョイントマットの価格

僕はホームセンターで購入したので、3x3メートルで7千円ぐらいした。Amazonとか通販ならもっと安いのがありそう。端を切らなくてもいいサイドパーツが付いているのもあるらしい。

部屋全体が運動部屋になる快適さ

物をあまり置いていないスペースがある部屋なら、ジョイントマットを敷き詰めればどこでも運動部屋にできるので、とても良い。ジョイントマットはカッターやはさみで切れるので、好きなサイズにしやすく、一つ一つが持ちやすいので、広げるのも苦にならない。ジョイントをはめていく作業も結構楽しい。敷き詰める前はつなぎ目に足が引っかかったりしないかと思ったが、全然違和感なし。いいことばかりだ。

f:id:mikanumay:20170812192008j:plain:w500

↑ つなぎ目もしっかり止まる