感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

iCloudの5GBが容量不足でバックアップできないときにデータを減らす方法


僕はiPhoneとiPadを合わせて2台から3台使い続ける中で、何度もiCloudのバックアップが一杯になってしまうケースに遭遇しました。その度に様々なことをやって解決してきた結果、「iCloudは5GB以上の容量追加は不要」という考えに達しました。

以下はiCloudへ保存するデータを5GB以内に収める方法、容量を削減する具体的な方法、バックアップできないケースがあるのはなぜかなどを書きます。

iCloudは端末2台までなら5GBで十分。容量追加する必要はない

iCloudは5GBの容量がいっぱいになりそうだとiPhone/iPadのバックアップに失敗します。そして課金を煽られます。

まるでバックアップするにはiCloudストレージを追加する以外ないような警告が画面にでますが、実は大抵の人は追加する必要がありません。データを整理して容量を減らすテクニックを使えば5GBあれば十分だからです。

僕の経験上最低でも端末1台でiCloud1.2GB位の容量が必要なので、容量を削減しても3台以上になるときつくなるのでその場合は課金必須かと思います。

iPhone1台しか使ってないなら5GBフルに使えるので全然余裕です。2台までなら使い方にもよりますが5GBで問題ないと思います。

データをバックアップできるオンラインストレージはiCloudだけではないので、他のオンラインストレージを使うことが大事です。

他のストレージに移せるデータそちらに移行してiCloudから削除するべき理由

オンラインストレージ(クラウド)上にデータを保存できるサービスは「iCloud」だけではありません。

Google Drive
OneDrive
Amazon Drive
Dropbox
Box

など、様々な無料で使える有名なストレージがあります。

iCloudに保存していたデータをこれらの無料オンラインストレージに分散させることでiCloudのデータ量を大幅に減らすことが出来ます

iCloudのバックアップは1つのアカウントで5GBです。これは端末が増えても同じアカウントを使うなら全ての端末で合わせて5GBです。はじめはiPhone1台だけだったけどiPadやMacも使い始めて端末が増えて写真などのデータが増えると全てのデータを5GBに保存するのがきつくなってきます。そこで、データの保存先を分散させることで容量圧迫を回避します。

例えば、

仕事の書類 → OneDrive
録音データ → Dropbox
とりあえず保管したいデータ → Google Drive

というように、アプリ内で保存先をiCloudから変更できるものは変更し、他のストレージを使い分けることで容量が無料で無限に使えるようになります。それぞれのアカウントを複数作ることも容易です。

ファイル管理アプリ「PDF expert」などを使えば全てのオンラインストレージと同期させることが可能なので、オンラインストレージの1つをフォルダのように使うこともできます。他のオンラインストレージにデータを保存すれば、5GBしかないiCloudに保存する必要はありません。

PDF Expert by Readdle

PDF Expert by Readdle

  • Readdle Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

オンラインストレージを使うなら、特にGoogleかAmazonのどちらか1つのアカウントが必須であるということを次の項目に書きます。

写真はiCloudから全消しすべし。写真はGoogleフォトかAmazonフォトに保存した方がいい理由

instagramの爆発的な流行もありスマホで写真を撮ることはもはや日常と言えるほどに撮る機会は増えていますが、写真の画像はiCloudに保存するのはおすすめできません。写真をiCloudで同期させてしまうと容量をものすごく食うからです。

画像データは通常扱うデータの中でも大きいものの1つです。スマホは年々進化してカメラの画素数も上がっているので容量を圧迫する度合いも大きくなっていますが、それに対するiCloudの容量は大きくなっていません。そして写真というものは思い出であり消しづらい性質があるので、蓄積されていきます。

写真によるiCloudの容量圧迫を全て解決する方法があります。「Googleフォト」か「Amazonフォト」に全ての写真を保存することです。この2つのオンラインストレージサービスは、写真の保存に関しては容量が無制限です。無限に保存できます。これを使わない手はありません。これらに写真を保存すればiCloudの写真は全消しできます。端末からも全て削除できます。写真はオンラインにバックアップ保存してあるので、いつでも好きなときにアプリのビューアーで閲覧できますし、端末に再ダウンロード可能です。

Google フォト

Google フォト

  • Google, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

AmazonのPrime Photos

AmazonのPrime Photos

  • AMZN Mobile LLC
  • 写真/ビデオ
  • 無料

Googleフォトは無料で使う場合には一眼レフで撮ったような超高画質データは自動で縮小される制約があります。プロでなければ気にするほどではありません。一方Amazonフォトは利用するにはプライム会員になる必要があります。

どちらもスマホアプリだけで全ての写真を自動アップデートできます。アプリを開くことで同期が開始されるので、時々アプリを開く必要があります。どちらのアプリも去年の同じ日付けの写真を見る機能があり、1年前の今日は何をしていたかがわかります。

ちなみに僕の場合はAmazonフォトをプライベート用のメインで使っていて、ブログの写真だけGoogleフォトにアップロードしています。はてなブログはGoogleフォトとの連携が出来ますがAmazonフォトはできません。

iCloud5GBに十分な空き容量があるのにバックアップができないケース

今までバックアップ出来ていたのに次回のバックアップができなくなり、警告が出ることがあります。
僕もiCloudの残容量が1GB以上残っているのにバックアップできないケースに遭遇しました。

これはバグではなく、「ある特定のアプリ内データがでかくなっている」ケースが原因であることが多いです。その原因となっているアプリを突き止めることが重要になります。後述しますが、主な原因は「写真アプリ、書類(PDF管理)アプリ、音声録音・動画録画アプリ」です。

上記画像の場合、文書管理アプリが膨大な大きさになっていた。これは削減可能。

iCloudの容量が圧迫されてきたら一度全消しリセットが良い

iCloudは使うアプリが増えていくと保存する容量も増えて行きます。消したアプリのデータも蓄積されていくので、時間があるときに一度全消ししてから現在の状態をバックアップすると良いです。全消しのコツは次のような手順になります。ただし全消しすると過去に使っていたアプリのデータも消えます。

iCloudの5GB容量を圧迫するデータを削減する具体的なやり方

1. iCloudの使用状況を表示させる

設定→一般→ストレージとiCloudの使用状況→iCloudのストレージを管理

2. iCloudの容量を圧迫している原因となるアプリを見つける

iCloudを圧迫しているアプリを探します。

特に注意したいアプリは、

・写真などの画像を扱うアプリ

・動画を保存できるアプリ

・音楽などの音を扱うアプリ

・書類を扱うアプリ

ゲームはアプリ自体の容量は大きいですがバックアップデータは小さい場合が多いのでiCloudに関してはほぼ問題ないです。

僕の例でいうと端末2台あるうちの1台目は、

写真アプリ、音声アプリ、文書アプリが圧迫しています。 2台目は文書アプリが圧迫していました。フォトライブラリだけで3.1GB超えています。これらは全てiCloudでバックアップする必要がありませんので、オフにします。ボタンスイッチをタップして緑から白になればバックアップされなくなります。

iCloudのフォトライブラリはAmazonフォトにバックアップしているので不要、音声を保存するアプリも試しに使っただけなので不要、文書はOnedriveに保存して同期している設定なのでiCloudに保存する必要なし、AmazonプライムフォトもiCloudで同期する必要なしなので消します。このように、他のオンラインストレージを使うことでiCloudを使う必要がなくなったデータなど、自分が不要なものをひとつずつ削っていけばデータ量を削減できます。

3. iCloudの同期を解除し、5GBストレージのバックアップを全消しする

2のやり方で通常であれば容量の問題は解決すると思いますが、解決しなかった場合です。
一度iCloudバックアップ内を整理するために、全て消します。
本来は5GBを超えないバックアップ容量なはずなのになぜか5GBを超える表示が出てバックアップできない場合も、整理するために一度全消しします。
全消しする前に他のオンラインストレージに写真などの保存をしてちゃんと全てバックアップされていることを確認してください。

注意!これをやるとiCloud上の全てのデータが消えてしまうので気をつけてください。

まずiPhone・iPadで、

設定→自分の名前をタップ→iCloud→iCloudを使用しているAPPの中の「iCloudバックアップ」をオフにします。

次に、

設定→自分の名前をタップ→iCloud→容量のバーをタップ→ストレージを管理→消したい端末を選択します。

「バックアップをするデータを選択」からフォトライブラリや文書など、他のストレージにデータをバックアップ済みアプリの同期をオフにします。

その後一番下にある「バックアップを削除」を行います。

これでバックアップデータが消えました。

全消ししても85MB残っていましたが気にしないで大丈夫です。

きれいになったので、再びバックアップします。

4. 再びiCloud同期をオンにしたときの注意点

iCloudの同期をオンにした後、バックアップをします。 手動バックアップは、

設定→自分の名前をタップ→iCloudを使用しているAPPの中の「iCloudをバックアップ」→今すぐバックアップを作成

でいけますが、すぐに手動バックアップをしてはいけません。

iCloudのバックアップをオフからオンにすると、写真などの容量を圧迫する原因となるアプリの同期がゾンビのように復活しています。
以前オフになっていたアプリも全復活することがあるので、バックアップ同期をさせる前に必ず確認し、容量が大きいアプリの同期を個別に切る必要があります。これをやらないとまた最初からになります。

↑ここが緑になって復活していたら再びオフにします。

↑画像は容量がないときの画像ですがここからできます。

その後、容量オーバー表示がでてバックアップできなかった2つの端末で無事バックアップが完了しました。

手動でバックアップを作成します。

2台の端末でiCloudデータを削除し、保存を他のオンラインストレージに分散させたことで2.8GBまで削減できました。余裕がかなりあります。

iCloudの容量追加は月額130円で50GBになるわけですが

ここまで書いておいてなんですが、iCloudは月額130円課金すればiCloudデータは50GBになります。そんくらいいいやという人はそれでいいと思います。でも月額課金が増えていくのはあまりよくないのでここは課金しないことにしました。Apple様にはいろんなところでお布施しているからいいかなと。写真データはほっておくと蓄積されるのでそこだけGoogleフォトへ移行させるのもアリだと思います。Googleフォトはアルバムの共有などもできます。
GaragebandなどのiCloud同期が必須な音楽アプリを激しく使う人は容量追加することになるかもですね。