感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

JETSTREAMの4色ペンの持ち手グリップがベタベタになるも交換品が売ってないので自作する

f:id:mikanumay:20170615095943j:plain:w400

JETSTREAMのグリップがベタついたが交換パーツが売ってない問題

JETSTREAMの4&1(4色プラスシャープペンシル)の持ち手がベタベタになった。
2年ぐらいでこうなっただろうか。劣化してしまった。

これはジェットストリームだけの話ではないけど、なんでこんなベタベタになる素材を使うのかな?と毎度思う。たしかにぷにぷにするのは嬉しいけど。
ベタベタになったから交換パーツを買えば良いね、と思って探すと、替えの純正パーツがメーカーに売っていなくて驚く。なぜ替えを売らないんだろう?まあ新しいの買ってほしいのはわかるけど。

全く売ってないわけではない。別メーカーが作っている、下半分を劣化しない代用品パーツに変える方法もあるが、なぜか本体のペンよりも高い。

良さそうだが、どうしようか。次のペンを買おうか?
いや、まだベタベタする以外は全然使えるから、捨てるのはもったいない。
しかし持ち手がベタつくのは嫌なので、ベタつきさえ取れればと、シリコン部分を取り外し、重曹につけたり、消毒用エタノールで試したりしたけど、取れず。

取れないなら、グリップ部分を自作できないかな。
少し考えて思い出したのは、カラフルな民族系の腕輪のこと。
そうだ、腕輪のアクセサリーみたいに糸をグリップの太さまで巻き付ければいいじゃないか。早速試す。

この方法は、ジェットストリームに限らず、フリクションボールやドクターグリップなど、全てのベタつきグリップの補修として使える。

ベタついたペンのグリップを刺繍糸で代用する方法

用意するもの

  1. 好きな色の刺繍糸

  2. はさみ

簡単に言うと、刺繍糸をグリップ部分に巻きつけて好きな太さにするだけなのだが、一つだけ巻き方にコツがある。そこだけ説明したい。
刺繍糸は百均で売ってる。量によるけど2束ぐらいかな。僕は使いかけを使って2束使った。

f:id:mikanumay:20170615092936j:plain

とりあえず刺繍糸。赤が好きなので赤いグリップにする。

f:id:mikanumay:20170615093020j:plain

巻き方なんだけど、巻く前に、①、②ように巻きつける部分よりはみ出す形にしてから③に巻きつけていく。①と②で輪っかをつくっておいて、最後に糸を通すため。

f:id:mikanumay:20170615093317j:plain

端からできるだけ隙間なく巻きつける。隙間があると仕上がりがデコボコになる。でも隙間なく巻くのは結構難しいから好きなさじ加減で。

端までいったら折り返して適当な太さになるまで往復する。糸を切るときは、輪っか側で切らないときつく縛れないので、1往復半か2往復半にしたい。

f:id:mikanumay:20170615093814j:plain

適当な太さになったら、糸の端を穴に通す。

f:id:mikanumay:20170615093850j:plain

輪っかになってない巻き始め側の糸を引っ張ると輪が小さくなっていくので、強く締められる。

f:id:mikanumay:20170615094007j:plain

糸の両端を切って完成。
もう少し丁寧にやればよかったかなという感想。 輪っかを強く引っ張りすぎたため、少し端が膨らんでしまった。巻き始め部分も少し緩くなっているミス。端の糸はギリギリで切るとほどけてしまいそうだから数ミリ残した。端糸を切る前に、縫い針に通し、巻きつけている部分に端糸を差し込んでから切ったほうが、よりほどけずに綺麗に処理できたのかもしれない。

f:id:mikanumay:20170615095146j:plain

持った感じは凸凹感は結構あるけど、そんなに悪くないかな。巻きつけた部分に段々が出来るのでペンが縦に滑りにくそう。

上記の巻き方だけ覚えれば、多色でやることも出来るけど、途中で色を変えるとその分凸凹が増えるかも。それも味としてやってみても面白いかな。アクセサリー作りが上手い人はこういうスペースもいろんなデザインにしてしまうのかもしれない。僕はとりあえずこの赤糸がほどけてきたら、別の色も考える。とりあえずペンが復活してよかった。