感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

「限界の正体」為末大 【読書】

為末大(ためすえ だい)さんの本を読むのは2冊目。

元ハードルの選手でオリンピックでもメダルを取った人。
為末さんは視点が独特で面白い。常識でこうだからとか関係なくて、考え抜いて答えを出している。言いたいことをちゃんと書いてる。僕も思っていることはちゃんと言ったり書けるようになりたいものだ。

「限界の正体」では、限界とは一体なんなのかについての考察と、それを作り出している要因が分析されている。実体験に基づく話があったり身近なアスリートの話と答えを結びつけたりする。根性論は現代スポーツでは通用しないことや、反復練習の積み重ねに関しては、日本人は積み重ねの傾向が強すぎると言う。 この本はアスリートにもそうでない人にも人生のヒントが書かれている。
興文中の項目ごとの太字に目が行くが、細部にいい言葉が書かれている。 為末大さんの本を読んだことがない人は「諦める力」も面白いからおすすめしたい。