感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

冬に疲れてお風呂に入る気力がないときは足湯・手湯が手軽に温まれていいね。高齢の人にもGood


冬にお風呂に入ると気持ちいい。でも色々やっていて時間が遅くなってしまうとお風呂に入れなくなってしまうことがある。
髪を乾かすのも面倒臭いし、今日はいいや、、、となってしまう。

そこで、手軽に温まる方法として足湯、手湯がある。僕は時々やっている。今日もすでにやった。
足湯のメリットは、服を着たままでできること。脱ぐのは靴下だけ。大きめのバケツかタライにお湯をためるだけ。風呂のように前もってしっかり洗ってセッティングしなくても、お湯を溜めてそのまま入るだけで気軽にぬくぬくできる。椅子は用意したほうがいい。バケツだとかなり大きくないと足の指が広げられないのでつらいが温まることは可能。手湯という言葉があるのか知らないけど、手も入れれば温まる。お風呂に入るときは僕は潜るタイプなので、顔湯はできないのが難点だが、そこは洗面所で洗ってから寝る。

僕が足湯が素晴らしいと知ったのは、ホームヘルパーの資格を取ったときだ。お風呂に容易に入れない高齢者でも、バケツかタライさえあれば場所を問わず手軽に温まることができると教えてもらった。動けない人にはこれをやってあげるだけで全然気分が違うという知識。まあ僕はまだ動けるから本当はがんばってお風呂にしっかり入りたいところではある。

足湯用のグッズもあった。たらいよりいい気分になるかもしれない。