感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

ブログに広告を載せたらアクセス数が減るかどうかという話

ブログに広告を載せたらアクセス数が減るかという話です。

結論を言うと、減りませんでした(ざっくり体感、比較データなし)。

ブログに広告を載せてもアクセス数が減らない理由

理由をいくつか考えてみました。

  • 検索からの流入の場合、まずそのブログに広告があるかどうかなんてクリックするまでわからない。

  • 広告があっても、多くの人は読みたい部分しか読まない。

  • 広告が心底嫌いな人は、アドブロックというアプリやブラウザのアドオン(*後述)で広告をまるごと非表示にして閲覧しているので、広告をいくら貼ったところでどっちにしろ表示されない。

  • 広告がない情報サイト自体が非常に少ないので、ちょっと貼ってあっても普通は何とも思わない(ただし内容により不快に思うこともあるけど)。

  • はてなブログは無料版も広告が付いている。それは主にブログをやったことがある人しか知らない。表示されている広告がはてなの広告なのかブログ主の広告なのかは多くの人は知らないし、特に関心もない。

という僕の5つの思い込みにより、減らなかったと思います。

広告の内容は、ブログ主がある程度は自分で選べる

自分で貼っていてなんだけど、広告ははっきり言ってうざい場合が多い。
しかし、ブログで生活費を少し稼ぎたい場合は、広告を貼ることはどうしても避けられないので、しょうがなく貼っている。
グーグルアドセンス広告は、ブログとの親和性が高く、記事に関連する広告を自動的に張り付けてくれるので、そこまでデザインを損なわないことが多い。そして、グーグルアドセンスは、デリケートなジャンルの表示を、選択制でオフ(非表示)にできる機能があるので、自分が嫌いなジャンルの広告はことごとくオフにするような設定にすれば、自分にもブログ閲覧者にも、比較的やさしいブログになると思う(ただしブログ収入は減る)。実際に僕もいくつかのジャンルをオフにしている。

例外的に、広告がマイナスになるケース

  • 芸術系のブログ。自分の伝えたい作品に、広告の文字や画像の印象で、別のスパイスがかかってしまう恐れがある。

芸術系だと、少し考えた方がいいかもしれないけど、とりあえずこのブログは感想とかちょっとしたハウツーしか書いてないから、貼ってます。

アドブロック系アプリとアドオンとは

iOSでアドブロック系のアプリだと、最近はこのアプリがいつも上位ですね。

AndroidはChromeやFirefoxなどのアドオンが使えるから有料アプリは不要。

アドオンで有名なのは、μblock。

uBlock Origin :: Add-ons for Firefox

uBlock Origin - Chrome ウェブストア

アドブロック系のアドオンを入れていると、記事を非表示したり警告を表示したりできるテクニックもあるのは知っているけど、僕は今のところやらない予定。