感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

ブログで収入がある場合にどれが経費になるのかわかる本「経費になる領収証ならない領収書がよくわかる本」


ブログなどの副収入が大きい人が、確定申告をするために帳簿をつけようと思ったときは知り合いやご近所の税理士に相談に行くのが最も近道だと思いますが、僕のようにおこずかい程度の微妙な収入の場合は、自分で帳簿をつけようかなと思うわけです。
しかし帳簿をつける上で1番ワカラナイのは「どれが経費になって、どれが経費にならないのか」ということです。

僕みたいに雑記ブログをやっていると内容が多岐にわたり、ますます経費にしたらいいのかがわかりません。そこでその点がわかりやすそうな本を探して読んでみました。こちらです。

「ダンゼン得する 知りたいことが パッとわかる 経費になる領収証ならない領収書がよくわかる本(著者:村田 栄樹  出版社:ソーテック社)」はかなりわかりやすかったです。

自分が知らなかった点をひとつ挙げてみます。

領収書の必要性について

「領収書はあったほうがいいのですが、必須ではない」のです。 〜中略〜 「領収書に代わるものとしては"出金伝票"があります」 p34

へー、知らなかった。領収書が手に入らなければ終わりだと思っていたので、なくてもいいと言われてもいまいち信じられないほどです。出金伝票はExcelでもいいとのこと。

その他にも「レシートはは領収書の代わりになるか」、「注文確認メールは領収書の代わりになるか」、「納品書、受領書はどうか」「クレジットカードや振り込み明細書は領収書がわりに使えるか」など、ネットを多用する人にも使えることが書かれており、目から鱗の内容です。さすがにこれらの項目をすべて紹介してしまうのは良くないと思うので書きませんが、かなり実用的な本になっています。

本には〇〇費というような簿記の用語がたまに出るので、少しだけ知識がないととっつきにくいかもしれません。でも簡単なので何度か読むとわかると思います。

その他「ひとりカフェ会議」、「キャバクラ代」、「商品券をもらった場合」「電子書籍はどうするか」なども書かれていて面白いです。

この本でわからないことはネットで調べるしかないかな

基本的な知識については信頼の置ける本で学習するのがいいと思いますか、その他の知識についてはブログで収入を得ている人が実際に行っていることを書いた記事を読むのがいちばんいいかなと思うのでこれから調べていきます。それらは実践的ですし、生活や趣味とかなり密着している部分の出費については「家事按分」と言う割合での仕分けが必要になってきそうなので、各ブロガーさんの見解を参考にしていきたいと思います。

今日はこの本の紹介なのでこれで終わりです。僕はこの本のkindle版にしました。

今後の仕分けについては、Mac/iOSの「Numbers」に記録して行くか、又は家計簿アプリ「taxnote」を使っていこうかと思いますが、これはまた後日。