感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

Amazonパントリーのメリットと手数料。ついでに食品のおすすめ

 

 

f:id:lifeisagas:20160907023656j:plain

 

Amazonパントリーを一箱買ってみた。

Amazonパントリーの特徴・手数料

  • Amazonプライム(studentもおk)に入ってないと買えない
  • 手数料は箱代だけ。一箱につき290円かかる。(指定された中から5点買えばこの290円の手数料は無料キャンペーンをやっている)
  • 特定の商品だけ買えて通常より少し安い
  • ダンボールにAmazonパントリーって書いてある
  • 通常だと単品で買えないジュース等が単品で買える

Amazonパントリーを使うメリット

沢山買えば少しお得。 次の日に来る。重い食品をスーパーから運ばなくていい。

Amazonパントリーの箱の大きさ

かなりでかめ。しかし大きさを気にする必要はなく、カートに追加していくと今箱の何パーセント入っているか表示される。箱一杯買いたくなる。

Amazonパントリーで買える安いもののおすすめ

全部。なぜなら売れ筋しかないから。売れる物を大量に仕入れて安く売ると推測。ジュースが1本ずつ買えて薬局並みに安いのもある。ウィルキンソンのジンジャエール500mlで79円や三ツ矢サイダー85円など安い。シリアルにカップスープやお菓子も大量に買った。8分目ぐらいで5000円弱。

ただ、スーパーの特売より安いかというと、そうでもない。近所のスーパーの方が安いものも多い。

でも夏の暑い日はスーパーに行くのもだるいしAmazonパントリーは今後も使えそうだ。スーパーに行けない老人や重いものが持てない人などに向いているサービスだが、ネットがわからない人は注文できないだろうから、遠くから一箱送ってやる手もある。風邪で明日から数日間絶対熱が出そうな時なども使える(ただし最近はAmazonの配達も遅延気味だ)。風邪の状態だと玄関で受け取るのもつらいけどね。

行くのだるいと書きながらも、先程近所のスーパーへ行ってきた。鶏肉や果物はスーパーじゃないとないからね。

Amazonパントリー | 使い方