感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

Google Adsenseの関連記事(関連コンテンツ)をはてなブログに設置してみた 追記:広告付きに変更しました

2017年8月9日投稿 2017年11月8日更新

Google Adsenseの関連記事(関連コンテンツ)が使えるようになっていた

このブログを始めて数か月。いつの間にGoogle Adsenseの関連記事(関連コンテンツ)パーツが使えるようになっていたので、設置してみた。やり方は、デザインの記事下にコードをコピペするだけ。
この記事の下の方、はてなブログの関連記事の上に貼ってあります(2017年8月9日現在)。

f:id:mikanumay:20170810032323j:plain

↑こういう感じの関連記事ね。

今は、はてなブログ公式の関連記事と併用してるけど、どちらかを消すかもしれない。

Google Adsenseの関連コンテンツを設置する上での注意点

Google Adsenseの関連コンテンツには広告ありとなしのバージョンがある

僕のブログで使えるようになったのは、広告なしバージョンなので、アドセンスだけど広告は表示されない。今後このブログが成長すれば、広告付きも選べるようになる。今はまだ選べない。
(後日選べるようになりました。追記1に詳細があります。)

アドブロック系の機能を使って閲覧したときに関連コンテンツは丸ごと消えてしまう

関連コンテンツ機能はアドブロックからすると一つの大きな広告として認識される。ブラウザでアドブロック系の機能を使っていると、関連コンテンツが表示されなくなるので、広告だけでなく見てほしい他の関連記事もすべてまるごと消えてしまうことになる。
関連記事をアドブロックに関係なく表示させたいと考えるなら、関連コンテンツだけに頼らない方が良さそう。その場合ははてなブログ公式の関連記事を併用する。はてなブログの関連記事+インフィード広告という組み合わせにしておけば、アドブロックで消えるのはインフィード広告だけなので、関連記事は誰でも読める。僕はアドブロックを使用している読者にも関連記事を表示させたいので、この組み合わせを関連コンテンツと一緒に使っている。

まあ、別にアドブロックしてる人はどうでもいいやという人は、関連コンテンツだけでも特に問題ありません。

関連コンテンツを使う予定ならアイキャッチ画像を全ての記事に設置しておいた方が見栄えが良くなる

今後、Google Adsenseの関連コンテンツを使えるようになったら使おうと思っている過去の自分に、一つだけアドバイスしたい。それは、全ての記事にアイキャッチ画像をそこそこの画質で設定しておいた方がいい、ということ。
画像を設定せずに、適当なAmazonアソシエイトの画像リンクだけ貼っていると、それがGoogle Adsenseの関連コンテンツのアイキャッチ画像に採用されてしまい、記事によってはボケた画像になってしまいます。毎回、コツコツと、画像は設定した方がいいですね。でも、画像をつけず気楽に文章の記事も書きたいしなぁ。考え中です。




追記 2017年11月8日 

追記1 アドセンス関連コンテンツの広告が解放されたの変更しました

関連コンテンツの広告が使えるようになるまでの期間は3か月だった

特に何もお知らせはなかったのですが、アドセンスの関連コンテンツを編集してみると、「広告オプション」という項目が追加され、「広告で収益化」タブが追加されていました。
いつからできるようになっていたか不明ですが、約3か月ぐらい地道にブログを更新していたらできるようになりました。月のPVは3万ぐらいです。コードは張り替えましたが、張り替える前と変わらなかったっぽいです。

関連コンテンツに広告を表示した場合、スポンサーリンクと書く必要があるか

関連コンテンツに広告を表示した場合、明記した方がいいのかというと、特に記載する必要はなさそうです。
理由は、広告枠自体に「広告」と書いてあるからで、これはインフィード広告などと同じですね。

https://productforums.google.com/forum/#!topic/adsense-ja/ukXx-JzKLHY;context-place=forum/adsense-ja

しかし解説されているスペシャリストの方は不要と説明しつつも自サイトにはちゃんとスポンサーリンクをつけているとおっしゃっているので、付けなくても問題ないけども閲覧した人のわかりやすさを求めるなら書いた方がいいということでしょうか。

その他のルールはプログラムポリシーと一緒です。

AdSense program policies - AdSense Help

追記 2017年11月13日

追記2 関連コンテンツのラベルを外しました

関連コンテンツ自体にはスポンサーリンクの表記は不要だという認識ですが、その上にラベルを張る場合は注意した方がよさそうです。僕が直接警告を受けたわけではありませんが、ラベルがトラブルのもとになるような記事ネット上でいくつか拝見したので、念のため外しました。ラベルのくくりの中に広告が含まれてしまう形になるのが良くないようです。例えば、関連コンテンツの真上のラベルに「おすすめ記事」と書いてしまうと、おすすめ記事というくくりが広告にもかかってしまい問題になる可能性があるという話です。問題になりそうなラベルは初めからつけない方が無難であると判断して外しました。

「関連コンテンツ ラベル」でググるとブログの先輩方の情報がいくつか出てきます。