感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

1日3分だけだから毎日続けるのも簡単!という設定はなぜ続けられないのか

1日3分だけ続けることは簡単なはずなのだけど

どんなジャンルでもあるけど、毎日3分間、または毎日30秒やるだけです、簡単ですよ!という類の話がある。
しかし自分の過去の経験からよく考えてみると、簡単ではなかった。続かない。過去に1日数分または数十秒シリーズに何十個も手を出しているが、続いていることはほとんどない。

なぜ続かないんだろう?おかしいじゃないか。簡単だって話なのに。これは、僕がダメ人間だから僕だけが続かないのだろうか?それとも、続かなくても普通なのだろうか? 原因はなんなの?僕は考えた。

考え方① 1日3分だけ続けることに隠された難しさ

まず、1回だけ、簡単なことを3分間やる。これは、簡単なのだから簡単だ。1回だけならテンション上がった状態なら挑戦できる。大体の人ができるだろう。
しかし、毎日やる、というのはどうだろう。どんなことでも毎日続けることは本当に難しい。それは「継続」という別の難しさだ。
これは分けて考える必要があるのではないか。

1回だけ簡単なことをやる→簡単(勢いでもできる簡単さ)
毎日やる→超難しい(継続の難しさ

(あくまでも僕の場合ですが)

2つの事柄は全く別のことなのだ。そもそも、毎日継続してやることはどんなささいなことであっても超難しいのだ!(毎日歯磨き後のデンタルフロスを手に取る前に、めんどくさいな、今日はやらなくてもいいか、などと思ってしまうように!)
簡単なことだから続けられる、というのは、毎日やる継続の難しさという項目をすっとばしている。
つまり、

1回だけ簡単なことをやる × 毎日やる = [簡単]

という考えは間違っていて、

1回だけ簡単なことをやる × 毎日やる = [難しい]

こっちのほうが僕としては自然である。

考え方② 比較としての「簡単」という意味なら、言葉は足りないが正しい

1回だけやることと、毎日やることを分けた場合は、継続の難しさが隠れているので簡単とは言えない結論になった。しかし、「簡単」が他の何かと比較している場合は、1日3分を毎日続けるのが簡単という話は言葉が足りない面もあるが、一応正しい。

時間的な例で言えば、毎日5時間やるよりは、毎日3分やるのは簡単だ。内容的な例で言えば毎日20キロ走るより、1キロだけ走るほうが簡単だ。できるかできないかは置いといて、比較的簡単ということだ。

だから、比較としての簡単という意味なら間違っていない。

僕の中の結論

僕の場合、毎日続けることは難しいということが過去の多くの挫折から痛いほどわかっているので、やはり1日3分でも30秒でも毎日続けるのはとても難しいと言える。

しかし。だからと言って、今後1日3分系の話をスルーする訳ではありません!
むしろ、そういう話はどっちかという好きなんだよね。だって続ければ自分が変われるかもしれないっていう希望があるからね。
というわけで、今後も毎日続けるシリーズには挑戦していくだろう。でも、簡単だと書いてあっても簡単だと思うことはない。最初から難しいということを知っていれば、簡単だろって高をくくるよりも少し違う気持ちで挑めるし、仮に続かなかったとしても、自分を責めたりしなくてもよくなる。なぜなら難しいから。難しいことにチャレンジした自分を励ましながら、挫折を繰り返しながら前に進もうと思う。

もう一つ思うのは、続くか続かないかの鍵は、きっと必要性があるかないかだと思う。歯磨きや、入浴後の保湿など、もうそれを毎日やる以外の道がないとわかれば、僕は続けることができる。面倒臭いという感情に囚われないことが重要なんだけど、なかなか難しい。