感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

ブログが1年続いた。その理由


このブログを書き始めてちょうど1年経ったみたいだ。

続いた理由を考えてみた。

雑記ブログだったから。

雑記ブログは本当に楽だ。一部制約もあるがわりとなんでも書ける。昨日書いた記事と連続性がなくてもいい。こう書かなきゃいけないなんて決まり事はないし、自分が作った昨日までのルールを自分で破壊できる。最低限のルールはできるだけ誰かを傷つけないように書くぐらいだ。

はてなブログだったから。

はてなブログは書きやすい。今まで使ったどのブログよりも書きやすい。これが大きかった。

体調が悪い日が多かったから。

何も出来ないような日もあるから、そんな日はブログはうってつけだ。かけることは山ほどある。ただそんな日はゲームのほうが楽しいけどね。ほんとに何も出来ない日はアニメかTwitchを見てやり過ごすのみ。

孤独だったから。

孤独であることはブログでは圧倒的に不利だ。仲間がいなければブログで困っても誰も助けてくれないし、仲間経由でバズったりすることはない。僕はコミュニケーションに難があるので疲れるネット上のコミュニケーションはなるべくしたくないしコメント欄もなくそうかと思うことは何度もあった。

そんな孤独な状況でも、ブログの場合は逆手に取ることもできる。しがらみがない分だけ自由度が高い。読者を裏切らないように、なんて考えなくていい。そもそも毎回読んでくれる人なんていない。人は僕に興味がない。自分がただ書きたいと思ったことを書けばいい。

無知でも書けることを書こうと思ったから。

僕はほとんどの分野で専門家と言えるほどの知識がないので何も詳しくない。だから何もかけないのかというとそうでもない。詳しすぎる人だと知識やプライドや立場が邪魔して書けないことはあるものだ。自分としては、初心者なり視点で物事を書くことができるのではないか、と思ったら少し楽になった。こいつは無知だと思われたっていい。その通りだし、失うものはない。今の知識で書けることを書けばいい。

トップブロガーと自分を比較するようなことはやめたから。

ちょっと検索したら何度も出てくるようなすごいブロガーみたいになろうなんて思うのはやめた。比較対象が大きく間違っている。それは日本でもトップクラスの人だから、自分がそこまで行けるわけはない。バットを握ったばかりの人が大谷翔平になれなくて落ち込むみたいな話だ。なれるわけがないだろう。僕は僕なりの小さな目標を達成することに集中して、達成したらそれを喜ぶことが大事だと思った。間違っても弱小ブロガーがトップクラスの人と自分を比較してはいけないし、それで落ち込む必要もない。

こんなスタンスでもそこそこ結果が出たから。

目標に対する結果が伴わないとやっぱりブログは止めてしまうと思う。そして目標が高すぎた人もまたやめてしまうと思う。僕は自分なりの小さな目標はクリアして、次の目標も立てることができたのでここまで続いたと言える。自分なりの目標は大事だ。


というわけでまた1年頑張ります。読んでくれてありがとうございます。この記事はそのうち消すかも。