感想みかん

感想、レビュー、実体験等を書くブログ

読書の記録



「服を買うなら、捨てなさい」を読んだら持ち服を減らすことができた

先日、「服を買うなら、捨てなさい」という本が文庫化していたので買ってきた。 ベストセラーだけど、男性は読んだこともない人も多いはず。どちらかというと女性向けだが、ファッションが好きな男性が読んでも問題なく読めるし、とてもわかりやすく書かれて…

ポジティブ思考がプラスどころかマイナスの影響を与えるケースが書かれている本

最終更新日:2017年9月16日 記事を書いた日:2016年12月24日 ポジティブという言葉一つとっても人によっていろんな捉え方がある。 数年前、テレビのインタビューでサッカーの長友選手が、試合前に最悪のシチュエーションを想定してから試合に臨むと言っていた…

新書サイズの漫画本が気に入った。手塚治虫傑作選「戦争と日本人」

漫画の内容というよりは、新書サイズの漫画が気に入ったという話。 僕が読みたくなる本は新書サイズが多く、持ち運びやすさも読みやすさも好きだ。 そんな中、新書サイズの漫画を発見した。最初は漫画だと思わなかったのだが、開いてみたら漫画だった。 ジャ…

「病気を遠ざける!1日1回日光浴 日本人は知らないビタミンDの実力」の感想。

「病気を遠ざける!1日1回日光浴 日本人は知らないビタミンDの実力」を読んだ。 この本のポイントは、「ビタミンD」と「日光浴」。 僕は、栄養というものは、口から摂取するもの、と思い込んでいる節があった。しかし、ビタミンD違う。ビタミンDは、日光に当…

進撃の巨人23巻の感想 ネタバレあり

1回目、読んだ感想 今まで進撃の巨人を読んできて、どの巻も驚きがあった。 でも23巻は違った。鳥肌が立つようなシーンがなかった。危険と隣り合わせで、メインキャストの誰かが死ぬ危険があった調査兵団が出なかったからかもしれない。 23巻は、第2章と書…

ワンピースアプリを2年間ほぼ毎日読んだけど更新が途絶えた (追記あり)

毎日1話無料更新だったワンピースアプリ。 読み始めてもう2年くらいになるのか。毎日更新がいつかは途絶えることがわかってた。 だって、毎日無料更新だったから、いつか絶対毎週更新のジャンプを追い越すわけだから、その手前で止まるのは必然。 Narutoアプ…

日本人みたいなフィンランド人の憂鬱さを描く漫画が面白かった

「マッティは今日も憂鬱」を読んだ。 漫画というより、絵本。 1ページずつ、簡単なかわいい漫画で、憂鬱なシーンが描かれている。描かれるシーンが、なぜか日本人(というか僕)にも共感できるものが多く、クスっとくる。 読んで気づくのは、こう思っている…

「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」を読んだ感想

「100円のコーラを1000円で売る方法」はまだ読んでないが、同じ作者さんが書いた本「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」を読んだので感想を。 一番驚いたのは、本のカバーが2つかかっていたこと(内容と関係ないけどw)。帯ではなくカバーが2…

「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」を読んだ感想

この本のキーワードは、誤嚥(ごえん)と喉の筋力トレーニング。 誤嚥(ごえん)とは、胃に入るはずのものが肺に入ってしまうこと。これが肺炎の原因になる。 誤嚥が起きないようにするには、喉の筋肉が大事。喉の筋肉をトレーニングすることで物を飲み込む…

おばけのバーバパパ成分が足りない。もう一度流行らないかな 【読書】

おばけのバーバパパが好きだったことを思い出して、絵本を買いました。 読んでみると、内容をほぼ忘れている! パパなのに○○から出てきてちょっと笑った。パパ要素がないぞ! ところで名前ですけど、バーバパパなんですね。ずーーーっとバーバーパパと言って…

くまのプーさん 心が変わる「論語」でメンタルリセット【読書】

【くまのプーさん 心が変わる「論語」】という本を頂いた。 論語。 論語と聞くと何か堅いイメージがある。 孔子が書いた本か。そう思っていたが、弟子がまとめて孔子の言葉を書いた書物であるらしい。 論語 - Wikipedia 何より、原文は漢文で書かれているか…

「歯はみがいてはいけない」レビュー。歯磨きが大事だと思う人は一度は手にとって見た方がいい本

「歯をみがいてはいけない」というタイトルについて思ったこと 歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)posted with ヨメレバ森 昭 講談社 2016-08-19 Amazonで探すKindleで探す楽天ブックスで探す 「歯をみがいてはいけない」。 この本は良書である。こうい…

ブログ用写真の撮り方で参考になる本メモ

仕事に使える写真術 「売れる」写真を普通のデジカメで撮る方法 posted with ヨメレバ 河野 鉄平 翔泳社 2015-01-28 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す この本が一番わかりやすかった。小物から証明写真まで様々なシチュエーションの撮り方が載…

バウルーのホットサンドの本

ホットサンドメーカーでホットサンドデビューした。 ホットサンドメーカーという調理器具は、具を2枚のパンでサンドしたものを、両側から金属のプレートではさみながらコンロで両面焼くもの。パンがこんがりするまで焼くと、ホットサンドが出来上がる。 昔…

ダンベルトレーニングの本

ランニングが寒いので自宅トレしたい。足踏みステッパーはあるんだけど、他の筋肉も付けたくなった。 腹筋・腕立てが効果があるのは知っているけど、数あるトレーニングの中でもつまらないトップ2だと思う。嫌いです。 どっちかというとモノを使うほうが楽…

荒木飛呂彦さんがジョジョを書いてる映像を初めてみた

元日に初詣に行った帰りの本屋さんで、ジョジョの奇妙な冒険シリーズを書いている荒木飛呂彦さんのジャンプ流が出ていてびびった。 ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(25) 2017年 1/19 号 [雑誌]: ジャンプ流!DVD付分冊マン 増刊 出版社/メーカー: 集英社 発売…

「人生が変わる55のジャズ名盤入門」とSpotify

昔からおすすめの名盤xx枚紹介というような本はたくさんあったが、最近はその利便性が変わってきた。 本に載っているほとんどのアルバムがスマホやパソコンでちょっと検索するだけで聴けるようになったからだ。 特にSpotifyなどの定額制の音楽配信サービスの…

林修の仕事原論 読書レビュー

テレビでおなじみの予備校教師林修先生の本。 本の中の文体からも、テレビと同じようにわかりやすく話している姿が想像出来る。 この本は、仕事との向き合い方、人との付き合い方、自己管理の仕方など幅広く書かれている。いくつか心に残ったところについて…

手塚治虫「奇子」「アドルフに告ぐ」 【kindle unlimited】

僕が手塚治虫の奇子(あやこ)を知ったのは、つい最近のEテレの手塚治虫特集だった。ストーリーばれ少なめの良い紹介だったと思うが、僕からするともっと内容を知らない状態で読みたかったというわがままな気持ちもあった。 僕は新しい漫画を読むとき、あらす…

言いたいことが言えない人 恥ずかしがり屋の深層心理

言いたいことが言えない人 「恥ずかしがり屋」の深層心理 (PHP新書)作者: 加藤諦三出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2011/06/17メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 加藤諦三さんの本を読むのは3冊めだと思う。前の2冊の内容は忘れた。自分でも…

180度開脚はできないでもよかった「世界一伸びるストレッチ」【読書】

人間の股関節は、180度も開脚する構造にないという説 人間の股関節は、前後に140度、左右に90度開くのが標準です。そもそも180度も開脚する構造ではありません。 (p114) このフレーズに衝撃をうけた。

「限界の正体」為末大 【読書】

為末大(ためすえ だい)さんの本を読むのは2冊目。 元ハードルの選手でオリンピックでもメダルを取った人。 為末さんは視点が独特で面白い。常識でこうだからとか関係なくて、考え抜いて答えを出している。言いたいことをちゃんと書いてる。僕も思っているこ…